検索

ニュースリリース

2018年04月18日

日本最大規模のガーデニングショウ「第20回国際バラとガーデニングショウ」出展概要

 Hondaは、2018年5月18日(金)から23日(水)まで、埼玉県所沢市のメットライフドームで開催される日本最大規模のガーデニングショウ「第20回国際バラとガーデニングショウ」にブースを出展します。

Hondaブースイメージイラスト

Hondaブースイメージイラスト

 Hondaは、国際バラとガーデニングショウの開催テーマである「自然との共生」に賛同し、2004年より毎年出展しており、菜園やガーデニングに役立つさまざまな自然派のアウトドアライフを提案してきました。
 今回のブースは、「Honda製品があるボタニカル(植物)ライフ」と題し、花や雑木、芝生の庭や装飾菜園(ポタジェ)※1で構成したボタニカルなガーデンに、展示製品にはブーステーマに合わせてボタニカルなイラストの装飾を施しています。
 また、昨年発売したロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」など、さまざまなパワープロダクツの使用シーンと併せ、実際に製品に触れていただくことも可能です。さらに、四輪車や二輪車も合わせて展示することで、Honda製品のある総合的なボタニカルライフを提案します。

 展示ブースは、ガーデナーの伊藤きみえ氏(DCT INC.)がグランドデザインと監修を担当し、主婦ガーデナーとして生活に密着したスタイル提案で人気のガーデニングカウンセラー岡井路子氏が装飾菜園を担当します。
 また、家屋の施工は「ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)」にある自然体験施設「ハローウッズ」を管理運営する株式会社ベースブレーンワークが行い、モルタル造形による家屋の外壁や庇屋根は、空間デザイナーの富澤一信氏(株式会社トミ企画)が担当しています。
 ガーデニングシーンを彩るインテリアやエクステリアの色彩には「Annie Sloan JAPAN(アニー・スローン・ジャパン)by DCT INC.」のチョークペイントを使用。庭の植栽は、クレマコーポレーションが手掛ける駿河のクレマチス※2をはじめ人気の草花やバラ、日本古来の雑木などを使用してボタニカルな庭空間を演出。専門家の協力を得て、「Honda製品と花」、「花とガーデン」、「ガーデン空間と色彩」、「伝統的ガーデンエクステリアと最新ツール&モビリティー」といった演出を調和させたボタニカルなガーデンライフを総合的に提案します。

  • ※1ポタジェ(Potager):フランス語。食用目的のみで野菜を栽培するのではなく、装飾的要素を盛り込んでデザインされた菜園
  • ※2駿河のクレマチスは株式会社クレマコーポレーションの登録商標です

主な展示モデル

パワープロダクツ

・ロボット芝刈機 Miimo(ミーモ)
・乗用芝刈機 HF2417
・ハンディータイプ蓄電機 LiB-AID(リベイド)E500
・ガスパワー耕うん機 サラダCG FFV300
・ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200
・ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB
・ナイロンコードカッター仕様刈払機 UMK425H(UTHT)
・ハンディ―タイプブロワ HHB25

四輪車

N-BOX(株式会社ホンダアクセス 純正アクセサリー装着車)

二輪車

スーパーカブ50

第20回国際バラとガーデニングショウ開催概要

会場

メットライフドーム
Hondaブース:No.005

会期

2018年5月18日(金)~23日(水)9:30~17:30
※入場は終了の30分前まで。最終日23日(水)は17:00終了
※会期前日17日(木)は14:00より開会式、15:00から特別内覧会を実施

主催

国際バラとガーデニングショウ実行委員会
(毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・西武鉄道)

共催

(公財)日本ばら会

入場料

当日券 大人(中学生以上)2,200円
前売券 大人(中学生以上)1,900円
特別内覧会券は、公式ガイドブック付きで大人(中学生以上)2,500円
※全日程小学生以下入場無料。ただし、保護者の付き添いが必要

公式webサイト(PC・モバイル共通)http://www.bara21.jp

第20回国際バラとガーデニングショウ全般に関するお問い合わせ先
国際バラとガーデニングショウ事務局(メールアドレス) webmaster@bara21.jp

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。