検索

ニュースリリース

2018年02月08日

エアタクシーサービス提供会社のWijet社とHondaJet販売に向けた基本合意書を締結

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 社長:藤野 道格)は、現地時間2018年2月8日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、シンガポールのチャンギ・エキシビション・センターで2月6日(火)から11日(日)まで開催されているアジア最大の航空ショーであるシンガポール・エアショーにおいて、フランスのエアタクシーサービス※1提供会社であるWijet S.A.(本社:フランス・パリ 社長:パトリック・ハーセント、以下、Wijet社)に複数機のHondaJetを販売する基本合意書を締結したことを発表しました。

基本合意書の締結を終えたハーセントWijet社CEOと藤野HACI社長

基本合意書の締結を終えたハーセントWijet社CEOと藤野HACI社長

 Wijet社は現在15機のビジネスジェットを保有し、欧州と北アフリカにある約1,200の空港へのエアタクシー運航を行っています。今回、HACIと基本合意書を交わし、複数機のHondaJetを購入し、保有機体のアップグレードを図ることで、より高品質なサービス提供を目指します。HondaJetは、2018年第1四半期 (1月〜3月)を皮切りに2019年まで順次Wijet社に納入される予定です。

 Wijet社のパトリック・ハーセント社長は、「私たちは選び抜かれた航空機により、安全で快適な最高のエアタクシーサービスを、適正価格で提供しています。HondaJetはそのすべてのニーズを満たす優れた航空機です」とコメントしました。

 一方、HondaJetの開発責任者であり、開発・製造・販売を担当するHACI社長の藤野 道格は、「今回、Wijet社に最先端の技術を搭載した小型ジェット機であるHondaJetが選ばれたことを大変うれしく思います。最高速度、燃費性能、広く静かな室内空間など、いずれもクラストップ※2を実現したHondaJetは、Wijet社のお客様に、より一層快適な空の旅を提供できると確信しています」と述べました。

 HondaJetは、現在、カナダとメキシコを含む北米、欧州、中南米、東南アジアおよび中国で販売されています。

  • ※1小型ビジネスジェット機による短距離輸送サービス
  • ※2Honda調べ 小型ジェット機として

ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC) 概要

設立

2006年8月

出資形態

American Honda Motor Co., Inc. 100%出資

代表者

社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)

所在地

米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市