検索

ニュースリリース

2018年01月16日

2018年北米国際自動車ショーでAcura 新型「RDX」プロトタイプを世界初披露

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2018年1月15日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 Acuraは、米国ミシガン州デトロイトで開催されている、2018年北米国際自動車ショー(プレスデー:2018年1月14日〜16日、一般公開日:1月20日〜28日)において、新型「RDX」のプロトタイプモデルを世界初披露しました。

新型RDX プロトタイプ

新型RDX プロトタイプ

 今回プロトタイプモデルを公開した新型RDXは、米国にて2006年に発売した初代から数えて3代目となるエントリープレミアムSUVです。
 新型RDXは、新世代AcuraモデルとしてAcuraブランドの新たな時代の始まりを示すモデルとなります。最新のAcuraデザインコンセプトである「Acura Precision Concept(アキュラ プレシジョン コンセプト)」、「Acura Precision Cockpit(アキュラ プレシジョン コックピット)」を全面的に採用した最初のモデルであり、パワートレインには2.0L直噴VTECターボエンジンと、クラス初※1となる10速オートマチックトランスミッションを採用。四輪駆動力自在制御システムSH-AWD※2や、新開発の専用プラットフォーム、軽量・高剛性ボディなどとの組合せにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現しています。

 新型RDXは、米国の研究開発拠点Honda R&D Americas, Inc.で初めて開発され、米国オハイオ州のイーストリバティ工場で生産し、2018年後半の発売を予定しています。

  • ※1米国エントリープレミアムSUVセグメントとして。Honda調べ
  • ※2Super Handling All Wheel Drive(スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)の略