検索

ニュースリリース

2018年04月11日

米国での「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載車の累計販売台数が100万台を突破

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2018年4月10日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載車の、米国における累計販売台数が100万台を超えました。Hondaは2022年までに米国で販売する全てのHonda四輪車へのHonda SENSINGの標準装備化を目指しています。

 Honda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラによるクルマ前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調することで、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムです。米国では2014年10月発売の「CR-V」から順次搭載を始め、日本では、2015年1月に発売した「ODYSSEY(オデッセイ)」よりHonda SENSINGの搭載を開始しました。

 米国において、Honda SENSING搭載車の販売台数は、2017年には月間平均5万台以上と、前年同期に比べて倍増しており、2018年モデルにおける搭載率は69%に達しています。2016年に、米国運輸省(USDOT)※1、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)※2、米国道路安全保険協会(IIHS)※3、そしてHondaを含む自動車メーカー20社は、2022年までに、米国で販売するほぼ全ての新車に自動緊急ブレーキ(AEB)※4を標準装備化することに合意しています。Hondaはこの合意目標より2年早い時期に、米国で販売するHonda車の95%以上で標準装備化を達成する予定です。

 Hondaは、「事故に遭わない社会」の実現に向けて、これからもHonda SENSINGをはじめとした安全技術、商品の研究開発、普及に取り組んでいきます。

  • ※1United States Department of Transportation
  • ※2National Highway Traffic Safety Administration
  • ※3Insurance Institute for Highway Safety
  • ※4Automatic Emergency Braking