ニュースリリース
ニュースリリース> 汎用製品関連ニュース> ロボット芝刈機「Miimo HRM520」を発売

2017年06月28日

ロボット芝刈機「Miimo HRM520」を発売

 Hondaは、電動で自走しながら自動で芝を刈り取るロボット芝刈機「Miimo※1(ミーモ)HRM520」を、本日発売しました。

 ミーモは、本体、充電ステーション、芝刈り作業範囲を設定するエリアワイヤーの3つで構成され、作業範囲内の芝を自動で刈ります。さらに、充電残量を検知して自ら充電ステーションに戻り、再充電を行う自動充電機能を搭載するなど、芝刈り機能の自動化を実現しています。

 また、ミーモは曜日・時間・エリアを任意に設定することで、お客様のさまざまなニーズに合わせて芝刈り作業を自動で行うことができます。加えて、毎日伸びる芝の先を細かく刈り、芝の根元へ落とすため、集草・廃棄の手間が省け、芝刈りにかけていた労力を大幅に軽減します。さらに、静粛性に優れ、環境にも配慮した芝刈機で、2012年に欧州で発売以来、ご好評いただいています。

 ミーモのご購入やメンテナンスは、専門の講習を受けた「ミーモ取扱店」にてサポートします。このミーモ取扱店を順次設置し、お客様にご安心いただけるユーザーサポートとアフターサービス体制を構築していきます。

  • ※1My Intelligent Mowerを表す造語
ロボット芝刈機ミーモ

ロボット芝刈機ミーモ

  • 販売計画台数(国内合計、年間)

200台

  • メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
Miimo(ミーモ)HRM520 537,840円(消費税抜き本体価格 498,000円)
  • 充電ステーション、エリアワイヤー、ワイヤーペグ、コネクター、トランス、電源コード含む。敷設費用は別途必要
  • ミーモの主な特長

<作業性能&耐久性>

  • 最大登坂能力25°を誇る強力モーターと傾斜自律制御システムの搭載で、傾斜地※2や起伏のある場所※3でも高い直進性を発揮し、均一に芝を刈り整えます。
  • 本体の重量バランスと重心高を最適化したパッケージングにより、安定した走行を実現しています。
  • ブレード部を石などの障害物からの衝撃を逃がす構造とし、360度回転するフリー刃を採用することで高い耐久性を実現しています。
  • 本体各部にパッキンを施した防滴構造を採用することで、雨水やスプリンクラーなどによる水の浸入を抑止します。

<操作性>

  • 自動運転タイマー設定機能を備えた「コントロールパネル(操作パネル)」を装備し、芝刈り作業範囲を定めるエリアワイヤー沿いの刈り揃えに加え、夜間の低速走行モードや24時間任意の時間設定など、使用環境に配慮した機能を備えています。
  • 芝の刈高さの設定は、2cm~6cmまでダイヤルひとつで簡便に設定できます。

<安心機能>

  • 障害物への衝突時や、本体を持ち上げられるなど本体に傾きが発生した際には、モーターが自動で停止。また、本体上部の赤い手動停止ボタンで即時停止も可能です。
  • フリー刃の採用により、石飛を軽減しています。

<バッテリー性能>

  • 22.2V-3.6Ahの高性能リチウムイオンバッテリーの搭載により、充放電500サイクル後のバッテリーの性能低下は業界トップレベル※4の約3%で、メンテナンス性や経済性に寄与しています。
  • ※2勾配15°以下
  • ※3高さ3cm以下
  • ※4Honda調べ(2017年3月末時点)
  • 主要諸元
名称/機種名 Miimo(ミーモ)/HRM520
型式 MBDF
全長×全幅×全高(mm) 645×550×275
ホイールベース(mm) 300
ホイール径(mm) 前:100 後:200
機体乾燥質量(kg) 11.9
最大作業エリア(m2) 3,000※5
刈高さ調整幅(mm) 20~60(無段階)
刈幅(mm) 220
最大登坂能力(°) 25
ブレードタイプ<刃数> フリー刃<3枚>
ブレード回転数[定格](rpm) 2,200<低速走行モード>~2,500<通常モード>
モータータイプ 3相DCブラシレス
バッテリー タイプ リチウムイオン
電圧(V) 22.2
容量(mAh) 3,600
トランス 入力電圧<定格>
V(AC)
100
電気出力 A/VA 2.3/60
騒音レベル dB(A) 55<低速走行モード>~ 58<通常モード>
  • ※5条件により異なります

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ