ニュースリリース
ニュースリリース> バイク関連ニュース> 全日本ロードレース選手権で「高橋巧」がチャンピオンを獲得

2017年11月06日

全日本ロードレース選手権で「高橋巧」がチャンピオンを獲得

 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズにおいて、MuSASHi RT HARC-PRO. Honda (ムサシ・アールティ・ハルク・プロ・ホンダ)に所属し、JSB1000クラスに参戦する高橋巧(たかはし たくみ)が、参戦9年目にして初、Hondaとしては同クラスで6年ぶりとなる年間チャンピオンを獲得しました。
 11月5日(日)に三重県の鈴鹿サーキットにて、シリーズ最終戦となる「2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第9戦(MFJGP 鈴鹿)」が開催されました。ランキング2位で大会に臨んだ高橋巧は、レース1で2位、レース2で2位に入賞し、チャンピオンを獲得しました。

  • MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

【高橋巧のコメント】

「ここ何年も悔しいシーズンが続いていましたが、やっとチャンピオンを獲得できました。本当に嬉しく思います。レース1でランキングトップにたったことで少し気持ちが楽になりました。レース2はポイント差を気にせずに勝つことだけを考えて自分のレースをしました。最終戦で優勝することは出来ませんでしたが、最後まで全力を尽くしました。応援してくれたファンの皆さん、支えてくれたチーム・スタッフに感謝したいと思います」

【MuSASHi RT HARC-PRO. Honda監督 本田重樹のコメント】

「チームとしても初となるJSB1000のタイトルを獲得できたことを本当に嬉しく思います。今シーズンはマシンが新しくなり、またタイヤサイズが変更になったことで、非常に難しいシーズンになりました。そんな中できっちり結果を残し、また最後まで攻めの姿勢を貫いた巧選手の健闘を称えたいと思います。そして、チームとしてはJSB1000、J-GP2(水野涼選手)と2クラスを制覇できました。応援してくれるファンの皆さんの期待に応えられるよう、MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaは、来シーズンも勝ちにこだわって、全力でレースに取り組んでいきます」

最終戦の高橋巧

最終戦の高橋巧

表彰台の高橋巧

表彰台の高橋巧

【高橋巧のプロフィール】

生年月日 1989年11月26日
出身地 埼玉県
主な戦績
2009 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000 年間ランキング8位
2010 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000 年間ランキング3位
  鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝
2011 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000 年間ランキング2位
2012 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000年間ランキング7位
2013 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000年間ランキング3位
  鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝
2014 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000年間ランキング2位
  鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝
2015 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000年間ランキング2位
2016 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000年間ランキング3位
2017 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000 チャンピオン獲得

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ