ニュースリリース
ニュースリリース> 企業関連ニュース> HondaJet 米国連邦航空局より型式証明を取得

2015年12月10日

HondaJet 米国連邦航空局より型式証明を取得

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニーは、米国東部時間2015年12月9日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、以下HACI)は、米国連邦航空局(Federal Aviation Administration、以下FAA)から米国東部時間12月8日に型式証明を取得したことを発表しました。また、これを記念して、米国東部時間12月9日にはHACIで記念式典が開催されました。

 型式証明は、FAAが定める強度、性能、安全性、機能および信頼性などに関する厳格な基準をHondaJetが満たしていることを証明するものです。記念式典では行政や業界関係者を含む2,000人以上の列席者が見守る中、FAA長官のマイケル・ウェルタ氏からHACI社長の藤野道格に型式証明書が手渡されました。

 「私たちは、HACIを設立するとともに全くのゼロから最先端技術を取り入れたHondaJetを設計、開発し、ついに型式証明の取得に至りました。Hondaにとってこれまでにないほどのチャレンジでしたが、型式証明の取得は非常に大きなマイルストーンを達成したと言えます」と藤野は語りました。

 FAAアトランタ認定部門の責任者メルビン・テイラー氏は、「FAAとHACIとの協力により、多くの困難を乗り越えてこの日を迎えることができました。我々も皆さんと喜びを分かち合いたいと思います」と述べました。また、ノースカロライナ州のパット・マクロリー州知事は、「本日は、ノースカロライナ州と州内の航空産業界にとってエキサイティングな日です。キティーホークにおけるライト兄弟の有人動力初飛行以来、この州の航空分野での役割は一貫して重要なものでした。見上げればこの地で作られたジェット機が空を飛んでいます。非常に大きな成果を挙げられたHACIの皆さまに心より祝福申し上げます」と述べました。

 HondaJetは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体などの独自技術を採用し、クラス最高水準の最高速度、最高運用高度、上昇性能、燃費および室内サイズを実現しました。

 型式証明の取得までに行われた各種試験では、米国内で70ヵ所以上の空港や試験施設が使用され、試験飛行時間は3,000時間を超えています。

 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市にあるHACIの生産工場では、現在25機のHondaJetが最終組立工程にあり、年末に予定しているデリバリーを控えています。

  • Honda調べ
型式証明取得を祝うHACI藤野社長とHACIおよびFAAの関係者

型式証明取得を祝うHACI藤野社長とHACIおよびFAAの関係者

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC) 概要】

設立 : 2006年8月
出資形態 : American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者 : 社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地 : 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ