ニュースリリース
ニュースリリース> バイク関連ニュース> モトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の2016年型モデルを発売

2015年08月07日

モトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の2016年型モデルを発売

 Hondaは、世界各地のレース活動などで培った先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の仕様を一部変更し、2016年型モデルとしてそれぞれ9月18日(金)に受注期間限定※1で発売します。

 CRF250Rは、エンジンの出力向上を目的に、吸排気系部品の素材変更も含めて見直しを実施。併せて、PGM-FI※2のセッティングを最適化するなど、エンジンの高回転域での出力向上とドライバビリティーの向上を実現。
 フロントサスペンションは、フォークの内部構造の見直しに加え、アウターチューブに空気弁を追加。より細かなサスペンションセッティングを可能にするとともに、初期作動性能を向上させ、サスペンションの動きの良さと反力を両立させました。

 CRF450Rは、さらなる走行安定性の向上を目指し、フロントフォークの全長を5mm延長し、車体姿勢を最適化。さらに、リアサスペンションのセッティングを見直して高いトラクション性能を実現しています。

 スタイリングは、CRF250R、CRF450Rともに、2015年型モデルを踏襲。燃料タンク側面のシュラウドには、(株)ホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシンをイメージさせるストライプを施しています。車体色にはHondaのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、躍動感あふれるスタイリングとしています。

  • ※1受注期間は2015年8月7日(金)から12月10日(木)まで
  • ※2PGM-FIは、Hondaの登録商標です
CRF250R

CRF250R

CRF450R

CRF450R

販売計画台数(国内・年間) CRF250R 100台
  CRF450R 20台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

CRF250R 766,800円(消費税抜き本体価格 710,000円)
CRF450R 907,200円(消費税抜き本体価格 840,000円)
  • 価格にはリサイクル費用を含みます
  • このCRF250R、CRF450Rは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行できません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません
  • 走行場所には十分注意しましょう。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

=CRF250R 2016年型モデルの主な変更点=

エンジン

Honda独創のメカニズムで、実績のあるユニカムバルブトレイン採用の水冷・4ストローク・4バルブエンジンは、下記の変更を行うことで特に高回転域の 出力向上と扱いやすいドライバビリティーを両立しています。さらに、走行フィーリングの向上を目的に、細部の見直しを図りました。

  • エキゾーストバルブにチタンバルブを採用
  • 軽量化を図った、ピストンおよびコンロッドを採用
  • 圧縮比の向上
  • カムシャフトのインレットおよびエキゾーストのカム形状を変更し、バルブリフト量を拡大
  • インレットポートの形状とコネクティグチューブダクトの形状を最適化
  • エキゾーストパイプへのレゾネーター追加と、エキゾーストマフラーのパイプ径拡大
  • 左側ラジエーターの全長を伸ばし、冷却効率を向上
  • シフトストッパーにローラーを採用することにより、シフトチェンジフィーリングを向上

足回り

エンジンの出力向上に合わせ、トラクション性能の向上とフロントフォークの初期作動性の向上を目指し、仕様の変更を行うとともに、細部の見直しを図りました。

  • より細かなサスペンションセッティングを可能とする、アウターチャンバー用の空気弁をアウターチューブに追加
  • フリクションの軽減を目指し、フロントフォーク摺動部の構造と形状を最適化

●その他

  • ウェットコンディションの走破性を向上させる、ステップブラケットの形状を最適化

=CRF450R 2016年型モデルの主な変更点=

足回り

  • フロントサスペンションの全長を5mm延長し、車体ディメンションを最適化
  • アウターチューブ剛性の最適化
  • リアサスペンションのセッティングとリンク比を最適化
  • より細かなセッティングが可能となる、フロントおよびリアサスペンションの調整幅を最適化

●その他

  • ウェットコンディションの走破性を向上させる、ステップブラケットの形状を最適化

主要諸元

通称名 CRF250R CRF450R
車名・型式 ホンダ・ME10 ホンダ・PE05
全長×全幅×全高(mm) 2,181×827×1,271 2,194×827×1,274
軸距(mm) 1,489 1,494
最低地上高(mm) 322 332
シート高(mm) 951 955
車両重量(kg) 105.6 110.6
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量(cm3) 249.4 449.7
内径×行程(mm) 76.8×53.8 96.0×62.1
圧縮比 13.8 12.5
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置PGM-FI(スロットルボアφ46mm)>
始動方式 プライマリーキック式
点火装置形式 フルトランジスタ式デジタル点火
燃料タンク容量(L) 6.3
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1速 2.357 1.800
2速 1.888 1.470
3速 1.555 1.235
4速 1.333 1.050
5速 1.136 0.909
減速比(1次/2次) 3.166/3.769 2.739/3.692
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°23´/118.0 27°15´/117.0
タイヤ 80/100-21 51M 80/100-21 51M
100/90-19 57M 120/80-19 63M
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)クッションストローク305mm テレスコピック式(倒立サス)クッションストローク310mm
スイングアーム式(プロリンク)アクスルトラベル313mm スイングアーム式(プロリンク)アクスルトラベル315mm
フレーム形式 アルミツインチューブ

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ