ニュースリリース
ニュースリリース> 企業関連ニュース> HondaJetの開発責任者が国際航空科学会議(ICAS)より「航空工学革新賞」を受賞

2014年09月11日

HondaJetの開発責任者が国際航空科学会議(ICAS)より「航空工学革新賞」を受賞

 HondaJetの開発責任者であり、ホンダ エアクラフト カンパニー※1社長の藤野 道格(ふじの みちまさ)が、航空科学/工学の発展を促す国際的な団体「ICAS」※2の「航空工学革新賞(Award for Innovation in Aeronautics)」※3を、ロシアで開催されたICAS会議において受賞しました。
 今回の受賞では、独創の主翼上面エンジン配置形態などの革新的な技術の採用により、クラス最高水準の巡航速度、燃費、客室・荷室の広さを実現したHondaJetの研究・開発に貢献し、航空業界における新たな設計コンセプトを実現したことが評価されました。

 ロシアのサンクトペテルブルグで開催されている第29回ICAS会議(会期:2014年9月7日〜12日)では、現地時間9月9日に藤野による記念講演が行われ、授賞式では「Hondaは、ビジネス航空業界における新たなスタンダードとなるべく最先端の航空機を設計することを目指してきました。このように名誉ある賞をいただいたこと、そして世界的権威のある国際航空科学会議から、Hondaの高い研究・開発力を評価されたことを、大変光栄に思います」とコメントしました。

  • ※1Honda Aircraft Company、本社:米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市
  • ※2ICAS(International Council of the Aeronautical Sciences):
    航空科学/工学分野での知識の進化や協力を促し、その発展を図る団体で、日本航空宇宙学会を含む世界各国の航空宇宙学会により構成されています
  • ※3航空工学革新賞(Award for Innovation in Aeronautics):
    2006年に設立され、革新技術や斬新な設計・製造プロセスを通じて、航空科学/工学分野に世界的に大きな影響を与え、貢献した個人や団体に、2年に一度贈られる賞です
ICAS会議での授賞式の様子

ICAS会議での授賞式の様子

藤野 道格(ふじの みちまさ) 略歴

1984年4月   本田技研工業株式会社入社 その後、四輪研究開発に携わる
1986年   和光研究センター(現在の基礎技術研究センター)にて航空機研究開発に携わる
1997年   HondaJetの研究開発にプロジェクトリーダーとして携わる
2006年   ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長(現在)
2009年   本田技研工業株式会社 執行役員(現在)

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ