ニュースリリース
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> スマート水素ステーションを、さいたま市東部環境センター内に設置 〜高圧水電解システムを採用した「パッケージ型」水素ステーション〜

2014年09月18日

スマート水素ステーションを、さいたま市東部環境センター内に設置 〜高圧水電解システムを採用した「パッケージ型」水素ステーション〜

 Hondaは、さいたま市、岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪 社長:野村 雅男)と共同で、Hondaの独自技術である高圧水電解システムを採用した、パッケージ型「スマート水素ステーション」を、さいたま市東部環境センター(さいたま市見沼区)内に設置し、本日引渡し式を行いました。式典には、清水 勇人 さいたま市長、牧瀬 雅美 岩谷産業株式会社 専務取締役、山本 芳春 本田技研工業株式会社 取締役専務執行役員らが出席しました。

 今回設置したスマート水素ステーションは、Honda独自の、コンプレッサーが不要な高圧水電解システムを採用し、高圧水素タンクから充填ノズルまでの主要構成部位を世界で初めてパッケージ型に収納しました。これにより、設置工事期間と設置面積の大幅な削減が可能になりました。
 また、さいたま市東部環境センターにおいては、ゴミ焼却の余熱を利用した廃棄物発電の電力によって水素を製造しており、今後さらに地域の特性を活かした、エネルギーの地産地消を実現する水素ステーションとして、利用の拡大が期待できます。
 この「簡便で(Simple)、小さく(Small)、持続可能な(Sustainable)」という特長を兼ね備えたスマート水素ステーションを市街地に設置できるよう、岩谷産業株式会社とともに実証実験を重ね、関係省庁と規制適正化を進めていきます。

 2014年4月Hondaがさいたま市に納車した外部給電機能装備の燃料電池自動車「FCXクラリティ」を公用車として活用していただくことにより、スマート水素ステーションの実用化に向けたデータの収集とさらなる普及タイプの研究を進めていきます。

 Hondaは、このスマート水素ステーションの技術を、燃料電池自動車の普及や水素エネルギー社会の構築、再生可能エネルギーの有効活用に役立てていきたいと考えています。

スマート水素ステーションとFCXクラリティ

スマート水素ステーションとFCXクラリティ

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ