ニュースリリース
ニュースリリース> バイク関連ニュース> アウトドアスタイルの「クロスカブ」に新色を追加し発売

2014年12月05日

アウトドアスタイルの「クロスカブ」に新色を追加し発売

 Hondaは、アウトドアイメージのスタイリングでレジャー用途に適した「クロスカブ」に、新色のボスグレーメタリックを追加し、12月12日(金)に発売します。

 クロスカブは、ビジネスモデルとして取り回しやすさや経済性などで定評を得ている「スーパーカブ110」をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施したレジャーモデルです。
 今回、車体色にクールなイメージのボスグレーメタリックを追加し、従来から好評のパールコーンイエローとファイティングレッドに加えた3種類のカラーバリエーションとして、選択の幅を広げています。
 エンジンに、スーパーカブ110に搭載されている低フリクション技術を多岐にわたって採用した高効率な空冷・4ストローク・OHC・単気筒110ccを採用。クロスカブ用に減速比を変更したことにより、さらに低回転域で力強い特性としています。
 車体には、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレームを採用。前・後サスペンションは、「スーパーカブ110 プロ」に採用しているストローク量の多いタイプとすることで、アウトドアでより快適な走行を楽しむことができます。
 クロスカブは、2013年6月に発売して以来、日常での使い勝手の良さと、遊び心にあふれたスタイリングなどによって、幅広い層に支持されています。

クロスカブ(ボスグレーメタリック)

クロスカブ(ボスグレーメタリック)

販売計画台数(国内・年間) 3,000台
メーカー希望小売価格(消費税8%込み) 286,200円(消費税抜き本体価格 265,000円)

※ 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

主要諸元

通称名 クロスカブ
車名・型式 ホンダ・EBJ-JA10
全長×全幅×全高(mm) 1,945×815×1,150
軸距(mm) 1,225
最低地上高(mm) 155
シート高(mm) 784
車両重量(kg) 105
乗車定員(人) 1
燃料消費率(km/L)※1 国土交通省届出値
定地燃費値
62.5(60km/h定地走行テスト値)
<1名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
67.9(クラス1)※2
<1名乗車時>
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式・種類 JA10E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3 109
内径×行程(mm) 50.0×55.6
圧縮比 9.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 5.9[8.0]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 8.5[0.87]/5,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 4.3
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
変速機形式 常時噛合式4段リターン※3
変速比 1  速 2.615
2  速 1.555
3  速 1.136
4  速 0.916
減速比(1次/2次) 4.058/2.642
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°00´/82
タイヤ 2.75-17 41P
2.75-17 41P
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式
テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン
  • ※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※2WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
  • ※3走行中はリターン式で停車時のみロータリー式になるチェンジ機構です

製造事業者/新大洲本田摩托有限公司 製造国/中国 輸入事業者/本田技研工業株式会社

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ