ニュースリリース
ニュースリリース> バイク関連ニュース> 迫力あるスタイリングと爽快な走りを追求した「ゴールドウイング F6C」を発売

2014年04月14日

迫力あるスタイリングと爽快な走りを追求した「ゴールドウイング F6C」を発売

 Hondaは、躍動感にあふれ、迫力あるスタイリングに、パワフルな1800ccエンジンを搭載したストリート・マッスル・クルーザー「ゴールドウイング F6C」※14月22日(火)に発売します。

 スタイリングは、「ゴールドウイング」の伝統と上質感を受け継ぎながら、全身に力強さを大胆に表現することで、躍動感にあふれ、迫力と存在感を高めたデザインとしています。フロント回りは、ボリューム感のあるラジエーターシュラウドが力強さを際立たせています。また、フロントからリアに流れるように下がっていくトライアングルフォルムとロー&ロングの車体構成によって、迫力に満ちた独特なスタイリングを確立しました。なお、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプの全灯火器にLEDを採用することで、先進的なスタイリングを表現しています。
 エンジンは、ゴールドウイングの水平対向6気筒1800ccエンジンを継承。ゴールドウイングに比べ車両重量で75kgの軽量化を図り、専用開発のマフラーを採用することなどにより、低速からパワフルなフィーリングと力強いエキゾーストサウンドを実現しています。
  車体・足回りは、フロントに19インチ、リアには17インチの新デザインのアルミダイキャストホイールを採用し、ゴールドウイングシリーズとして最大のホイールサイズとしています。低く身構えた車体構成により、シート高を735mmに抑え、足着き性にも配慮しています。ブレーキには、安心感のあるABSを搭載しています。

※1 受注生産車

ゴールドウイング F6C(アトモスフィアブルーメタリック)

ゴールドウイング F6C(アトモスフィアブルーメタリック)

ゴールドウイング F6C(グラファイトブラック)

ゴールドウイング F6C(グラファイトブラック)

販売計画台数(国内・年間) 200台
メーカー希望小売価格(消費税8%込み) 1,998,000円(消費税抜き本体価格 1,850,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

=主な特長=

スタイリング

ゴールドウイングで築き上げた「威厳」「優雅」「躍動」「迫力」で構成される「The King of Motorcycles」の遺伝子に、新たに「パフォーマンス」と「マッシブ」を加え、Honda独自のクルーザーを目指しました。
サイドビューは、ボリュームに満ちたラジエーターシュラウドと、フロントからリアに流れるように下がっていくトライアングルフォルムに加え、ロー&ロングの車体構成によって、個性を際立たせています。
フロントビューは、新デザインのヘッドライトカウルに新たに採用したLEDヘッドライトを組み合わせました。大径19インチのフロントタイヤと、左右に張り出したラジエーターシュラウドによって、マッシブ感を強調しています。
リアビューは、パニアケースやトップボックスを装備しないシンプルな構成とし、ローダウンしたテールカウルに水平に配したLEDテールランプとウインカーランプによって、引き締まった印象としています。
燃料タンクは、ゴールドウイングで採用しているシート下配置から、一般的な二輪車と同様のシート前方に変更しています。グラマラスで流れるようなティアドロップ形状とすることで、よりクルーザーイメージを高めたスタイリングとしています。
メーター類はシンプルでコンパクトな設計とし、ライダーがメーター越しに開放感あふれる風景を楽しみながら走行できるように配慮しています。
車体色は、アトモスフィアブルーメタリックとグラファイトブラックの2色を設定しています。

エンジン

力強く静粛性に優れた水冷・4ストローク・水平対向6気筒1800ccエンジンは、さらに力強い出力特性としています。エアクリーナー、エキゾーストパイプ、マフラーのそれぞれを専用に開発。ゴールドウイングに比べ、最高出力を6kW、最大トルク値は7N・m高めることで、低速域からパワフルなフィーリングを実現しています。マフラーは、専用に開発した内部構造で、テールエンドにそれぞれ3本のテールパイプを配置することで、水平対向6気筒ならではの迫力あるスタイリングと独特な力強いサウンドを実現しています。

車体・足回り

フレームは、ゴールドウイングで定評のある剛性と柔軟性を両立した、マルチボックスセクション式アルミツインチューブを継承。フロントサスペンションは、φ45mmのカートリッジタイプのテレスコピックフォークを、リアには、プロリンクサスペンションに片持ち式のプロアームを採用しています。ホイールは、新設計の10本スポークタイプのアルミダイキャスト製で、フロントには大径の19インチを、リアには17インチをそれぞれ採用。ブレーキは、安心感のあるABSを搭載しています。これらの装備によって、柔軟で軽快な操縦フィーリングと快適な乗り心地を実現しています。

その他の装備

・シンプルな形状でフル液晶タイプのインストルメントパネル
・自動でウインカーの点滅をオフにするウインカーオートキャンセラー
・市街地走行から長距離ツーリングまで快適な乗り心地に配慮したシート

主要諸元

通称名 ゴールドウイング F6C
車名・型式 ホンダ・EBL-SC68
全長×全幅×全高(mm) 2,470×940×1,150
軸距(mm) 1,705
最低地上高(mm) 145
シート高(mm) 735
車両重量(kg) 342
乗車定員(人) 2
燃料消費率※2(km/L) 25.0(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 3.3
エンジン型式・種類 SC47E・水冷 4ストローク OHC 水平対向6気筒
総排気量(cm3 1,832
内径×行程(mm) 74.0×71.0
圧縮比 9.8
最高出力(kW[PS]/rpm) 86[117]/5,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 168[17.1]/4,000
燃料噴射装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 22
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比
1 速 2.375
2 速 1.454
3 速 1.068
4 速 0.843
5 速 0.685
減速比(1次/2次) 1.591/1.028×2.750
キャスター角(度)/トレール量(mm) 29°50´/114
タイヤ 130/60R19M/C 61H
180/55R17M/C 73H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク、プロアーム)
フレーム形式 ダイヤモンド
  • ※2燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ