ニュースリリース
ニュースリリース> 企業関連ニュース> F1欧州活動拠点について

2013年07月11日

F1欧州活動拠点について

 Hondaは、この度、英国バッキンガム州ミルトンキーンズに、欧州におけるF1の活動拠点を構えることを決定しました。

 既に発表しましたとおり、Hondaは、FIA※1フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)に、パワーユニットサプライヤーとしてMcLarenとのジョイントプロジェクトのもと、2015年から参戦します。

 今後、Hondaはこの拠点を基盤として、欧州でのF1レース活動における体制を構築し、2015年シーズンからの参戦に向けた準備を進めていきます。株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター(栃木)で開発されたエンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスを、この拠点で行っていきます。

 なお、この拠点は、MUGEN EURO Co., Ltd.※2がミルトンキーンズに構える新社屋内に設置され、HondaのF1をはじめ、WTCCなど欧州におけるモータースポーツの活動拠点としての役割を担い、2014年6月の稼働開始を予定しています。

・新拠点概要:

所在地 英国バッキンガム州ミルトンキーンズ MUGEN EURO Co., Ltd.内
活動内容 F1レース活動における欧州の拠点と位置づけ、エンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスを行います。その他、WTCCに携わるHondaエンジニアの活動拠点になります。

株式会社本田技術研究所 取締役 専務執行役員 四輪レース担当 新井康久のコメント

「今回、英国でのF1の拠点が決定し、参戦に向けての具体的な準備に入りました。今後、ファンの皆様の期待に応えるべく、2015年に向けてパワーユニットの開発を加速し、新たなホンダサウンドを響かせることができるように頑張っていきたいと思います」

※1 FIAとは、Fédération Internationale de l'Automobile(国際自動車連盟)の略称
※2 MUGEN EURO Co., Ltd.は、株式会社M-TECの英国子会社

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ