ニュースリリース
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 燃料電池電気自動車から家庭へ電力を供給する実証実験を開始 〜給電機能を装備した「FCXクラリティ」を北九州市に納車〜

2013年04月09日

燃料電池電気自動車から家庭へ電力を供給する実証実験を開始 〜給電機能を装備した「FCXクラリティ」を北九州市に納車〜

 Hondaは、福岡県北九州市が取り組んでいる「北九州スマートコミュニティ創造事業」における共同実証実験として、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」から家庭へ電力を供給する実験を開始します。一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kW※1の外部給電機能を装備したFCXクラリティを北九州市に納車し、本日、北橋 健治 北九州市長とHonda取締役専務執行役員 山本 芳春の出席のもと、オープニングセレモニーを行いました。

 今回は経済産業省のスマートコミュニティ実証事業の一環として、北九州市環境ミュージアムの敷地内にある北九州エコハウスにFCXクラリティから電力を供給し、電力ピークカットに貢献する電力平準化の新たなる方法としての実証実験を行います。また、地域と連携したCEMS(Community Energy Management System)ネットワークに電力を供給し、北九州市八幡東区東田地区の地域節電所※2にて、地域全体のエネルギーマネジメントにおけるビークルトゥホームの効果検証を行っていきます。
 また、このFCXクラリティを実証実験車としてさまざまな状況で活用することにより、実際の都市環境下でのCO2削減効果を検証するとともに、緊急時における移動可能な発電設備としての実用性も検証します。

 Hondaはかねてより、化石燃料の代替、排出ガスの削減、地球温暖化への影響の低減という観点から、燃料電池を将来の究極のクリーンパワーととらえ、積極的に開発を行っています。自動車から家庭への外部給電という新しい価値の実証実験を通して、燃料電池電気自動車の普及とクリーンで持続的な水素社会の実現に取り組んでいきます。

  • ※1Honda測定値
  • ※2地域内の家庭やオフィスの電力需要を予測・監視するとともに、再生可能エネルギーの発電量を予測・監視しながら、地域の電力系統の需給バランスを調整する施設
FCXクラリティと北九州エコハウス

FCXクラリティと北九州エコハウス

FCXクラリティからのビークルトゥホーム

FCXクラリティからのビークルトゥホーム

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ