ニュースリリース
ニュースリリース> クルマ関連ニュース> 緊急通報システムを新型「アコード ハイブリッド」より搭載開始

2013年03月29日

緊急通報システムを新型「アコード ハイブリッド」より搭載開始

 Hondaは、万一の事故における迅速で的確な救急救命に役立つ緊急通報システム※1を、今年夏に発売する新型「アコード ハイブリッド」用インターナビから搭載します。また、今後発売される新型車のインターナビにも順次適用します。

 緊急通報システムは事故の衝撃でエアバッグが作動した際に、救急救命に役立つ情報をHELPNET®※2に通報し、専門のオペレーターが迅速に消防や警察に出動を要請します。Hondaの緊急通報システムでは、GPSの位置情報に加え、開いたエアバッグの種類、何km/h減速したのか、多重衝突であるのかも通報します。事故状況の詳細の伝達が迅速かつ正確になり、ドライバーからの口頭説明と合わせることにより、より的確な救急救命につなげます。

 なお、ナビ画面上での操作により手動でも通報できるため、急病など事故以外の緊急事態時にも使用できます。

 Hondaは、グローバルスローガンを「Safety for Everyone」と定め、今後も万一の事故による被害を最小化する技術の進化を目指していきます。

  • ※1このシステムを利用するには、インターナビ・リンク プレミアムクラブ会員登録が必要です
  • ※2株式会社日本緊急通報サービスが運営する、発信された事故や急病などの情報をもとにオペレーションセンターが最寄りの警察・消防・海上保安庁などの関連機関に通報するサービス

<事故から通報までの流れ>

<事故から通報までの流れ>

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

最新ニュース

loading
ニュースリリーストップへ