ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>ダカールラリー参戦について

2012年07月02日

ダカールラリー参戦について


  Hondaは、2013年1月に南米のアルゼンチン、チリ、ペルーを縦断して開催される「ダカールラリー2013(正式名称:ダカールラリー2013・ペルー・アルゼンチン・チリ)」のモト部門(二輪車)にワークス参戦します。Hondaはダカールラリーの前身である「パリ・ダカール・ラリー」のモト部門に1981年から89年までの9年間参戦し、5回の優勝を果たしています。Hondaがワークス参戦するのは24年ぶりとなります。
  チーム名は「Team HRC」で、参戦ライダーは、昨年のダカールラリー2012で3位入賞のエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)をはじめ、モトクロスやエンデューロレースの経験豊富なフェリペ・ザノル(ブラジル)、サム・サンダーランド(イギリス)、ハビエル・ピゾリト(アルゼンチン)の4名です。参戦車両は「CRF450X」をベースに、(株)本田技術研究所 二輪R&Dセンターが開発・製作するプロトタイプマシンです。CRF450Xは、扱いやすさと戦闘力の高さから世界各地のエンデューロレースに使用され好評を得ているモデルです。また、市販のCRF450Xへの装着を前提としたキットパーツも同時開発し、一部のチームへ提供する予定です。

鈴木哲夫   (株)本田技術研究所 取締役 専務執行役員 二輪R&Dセンター担当兼
  (株)ホンダ・レーシング 代表取締役社長
「一日に数百kmを走破し2週間以上におよぶこのレースには、現在参戦中のモトクロスやトライアル、ロードレースなどとは全く違う要件のマシン作りが求められています。Hondaは、総力を挙げて強くて勝てるマシンを開発し、参戦初年度から優勝を目指します」

参戦マシン イメージスケッチ
参戦マシン イメージスケッチ

ダカールラリーは、砂漠や山岳地帯などの悪路を走破する「ラリーレイド」といわれる競技大会の一つで、世界有数の過酷さで知られています。二輪(モト)、四輪(オート)、トラック(カミオン)の3つの部門でそれぞれ競われます。パリを出発し、アフリカ セネガルの首都ダカールにゴールする「パリ・ダカール・ラリー」として1979年に始まったこの大会は、以後、欧州とアフリカを舞台に毎年開催され、2009年からは南米で開催されています。2013年大会は、1/5(土)〜1/20(日)まで開催され、総走行距離は8,000km以上の予定です。

ニュースリリーストップへ