ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースの再利用を2012年中に開始

2012年06月20日

使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースの再利用を2012年中に開始


  Hondaは、今年4月より日本重化学工業株式会社のプラントにおいて、使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーからレアアースを抽出しており、その抽出したレアアースの再利用を2012年中に開始します。抽出したレアアースの再利用方法については、ニッケル水素バッテリーだけでなく、幅広い部品への活用を検討しており、貴重な資源の循環に取り組みます。さらに、回収したニッケル水素バッテリーを解体する際、バッテリーの残留電圧を取り出し、回生電圧として解体作業などに利用することも検討しています。

  またHondaは、使用済みニッケル水素バッテリーだけにとどまらず、使用済みのハイブリッド車用モーターやリチウムイオン電池などからもレアアースを抽出することを目指します。

  Hondaはこれまで、交換したバンパーの回収・材料化、修理交換した機能部品の再生品販売、使用済みオイルフィルターのリサイクル商品化など、製品の資源循環に配慮し、3R(スリーアール)の取り組みを進めてきました。今後も、ハイブリッド車などの低燃費車の開発に加え、製品のリユース・リサイクルにつながるネットワークを強化していくことにより、モビリティー社会全体での環境負荷低減を目指します。

※ Reduce(リデュース)廃棄物の発生抑制、Reuse(リユース)再使用、Recycle(リサイクル)再資源化

ニュースリリーストップへ