ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>Honda ハイブリッド車が世界累計販売台数80万台を達成

2012年01月20日

Honda ハイブリッド車が世界累計販売台数80万台を達成


  Hondaのハイブリッド車の世界累計販売台数が、2011年12月末時点で80万台を超えました。1999年11月に、当時、量産ガソリン車として世界最高の低燃費35km/Lを実現した初代「インサイト」を日本で販売開始して以来、12年2ヵ月での達成となります。

※ 10・15モード 5速MT車

  Hondaは、軽量・コンパクトな独創のハイブリッドシステムであるIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を開発し、初代インサイト、「シビック ハイブリッド」や「アコード ハイブリッド」に搭載してきました。近年では、2009年に発売された二代目インサイトを皮切りに、3年間で合計6モデルのハイブリッド車の新モデルを投入し、ラインアップを拡充、販売を拡大させました。2011年には全世界合計約20万台(前年比 約130%)を販売し、ここ3年間におけるハイブリッド車の販売台数は全世界合計50万台を超えました。また、日本国内では、2011年12月度のHonda登録車におけるハイブリッド車比率が45%を超えました。

  現在Hondaは、7モデルのハイブリッド車を約50ヵ国で販売しており、2012年春にはAcuraブランド初のハイブリッドシステム搭載モデルである「ILX」を北米で発売する予定です。

  今後もHondaは、「Blue Skies for Our Children」をグローバル環境スローガンに掲げ、低炭素社会の実現に向けてハイブリッド車のさらなる普及を目指します。

Honda ハイブリッドラインアップ(日本モデル)
Honda ハイブリッドラインアップ(日本モデル)

<Honda ハイブリッド車の歩み>
発売モデル ハイブリッド車
世界累計販売台数
1999年 11月  初代インサイト発売  
2001年 12月  シビック ハイブリッド発売  
2004年 12月  アコード ハイブリッド発売(北米のみ)  
2005年     4月  10万台達成
2007年     5月  20万台達成
2009年   2月  二代目インサイト発売   8月  40万台達成
2010年   2月  CR-Z発売
10月  フィット ハイブリッド発売
12月  60万台達成
2011年   6月  フィット シャトルハイブリッド発売(日本のみ)
10月  フリード ハイブリッド発売(日本のみ)
        フリードスパイク ハイブリッド発売(日本のみ)
12月  80万台達成

ニュースリリーストップへ