ニュースリリース
ニュースリリース>クルマ関連ニュース>日本仕様の「フィットEV」が日本最高の電費性能を達成

2012年07月23日

日本仕様の「フィットEV」が日本最高の電費性能を達成


  今夏発売予定の「フィットEV」が日本の国土交通省から、JC08モードの交流電力量消費率(電費)※1で106Wh/km、一充電走行距離で225kmという、電気自動車(以下、EV)として日本最高の電費性能の認可を取得しました。
  Hondaは電動化モビリティーとして1997年にリース販売した「Honda EV Plus」を原点とし、現在のハイブリッドカーや燃料電池電気自動車の電動パワートレインの技術を進化させてきました。フィットEVはそこで培ったモーターや制御装置の技術のさらなる進化と新たな発想を注ぎ込んだ、高効率な電動パワートレインと20kWhのリチウムイオンバッテリーにより、走って楽しく、しかも賢く使えるEVとして開発しました。
  フィットEVは、日本では当面は自治体や企業に向けたリース販売を中心とし、2012年8月下旬に販売を開始する予定です。

フィットEV(日本仕様)
フィットEV(日本仕様)

フィットEV(日本仕様)の主要諸元
乗車定員 5名
モーター ギアボックス同軸モーター
モーター最高出力/最大トルク 92kW/256N・m(26.1kgf・m)
一充電走行距離 225km(JC08モード)
最高速度 時速144km
バッテリー 20kWhリチウムイオンバッテリー(東芝製 床下搭載)
バッテリー最高出力 100kW
交流電力量消費率 106Wh/km(JC08モード)
充電時間 急速充電=約20分※2  200V=約6時間※3
※1 走行距離と走行後の充電に要する交流充電電力量より算出します。ここでの交流電力量消費率は日本で定められた条件の値で、お客様の使用環境や運転に応じて値は異なります
※2 バッテリー残量警告灯点灯から80%充電まで
※3 バッテリー残量警告灯点灯から満充電まで

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ