ニュースリリース
ニュースリリース>クルマ関連ニュース>埼玉県庁敷地内に、ソーラー水素ステーションを設置〜給電機能を装備した「FCXクラリティ」を埼玉県に納車〜

2012年03月27日

埼玉県庁敷地内に、ソーラー水素ステーションを設置〜給電機能を装備した「FCXクラリティ」を埼玉県に納車〜


  Hondaは、埼玉県と共同で取り組んでいる実証実験の一環として、日本初の高圧水電解システムを適用した「ソーラー水素ステーション」を埼玉県庁敷地内に設置し、本日、上田 清司 埼玉県知事と檀原 雅 岩谷産業株式会社 取締役副社長、山本 芳春 Honda取締役常務執行役員の出席のもと、オープニングセレモニーを行いました。
  また、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kWの外部給電機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を新たに開発し、埼玉県に納車しました。

  今回は環境省の委託を受け、将来の低炭素社会の実現に向けた産官共同の実証実験として、水素の製造から、貯蔵、供給までのプロセスにおいてもCO2を一切排出しない、日本初のソーラー水素ステーションを設置しました。Honda独自技術である高圧水電解システムにより、水素の製造と圧縮を一体化することでコンプレッサーが不要となり、小型・低騒音化を実現。将来は家庭用水素供給装置としての普及を目指し、水素エネルギーの効率的な管理と有効活用の可能性を検証していきます。
  なお、このソーラー水素ステーションは、太陽光と商用電源を併用し、24時間で1.5kgの水素を製造します。この1.5kgの水素は、FCXクラリティが約90マイル(約150km)走行することができる量に相当します。
  このソーラー水素ステーションを拠点に、外部給電機能を装備したFCXクラリティを公用車として活用することによって、実際の都市環境下でのCO2削減効果の検証を行い、また、緊急時における移動可能な発電設備としての実用性を検証します。

  Hondaはかねてより、化石燃料の代替、排出ガスの削減、地球温暖化への影響の低減という観点から、燃料電池を将来の究極のクリーンパワーととらえ、積極的に開発を行っています。

※ Honda測定値

ソーラー水素ステーション&FCXクラリティ
ソーラー水素ステーション&FCXクラリティ

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ