ニュースリリース
ニュースリリース>バイク関連ニュース>タイで125cc新型スクーター「Click(クリック) 125i」を発売−燃費性能を高めたスクーター用グローバルエンジン「eSP」を搭載−

2012年01月10日

タイで125cc新型スクーター「Click(クリック) 125i」を発売−燃費性能を高めたスクーター用グローバルエンジン「eSP」を搭載−


Hondaのタイにおける二輪車販売合弁会社であるエー・ピー・ホンダカンパニー・リミテッド(本社:サムットプラカン県 社長:加藤 千明)は、2012年1月10日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
  Hondaは、スポーツスクーター「Click-i(排気量110cc)」をフルモデルチェンジした「Click 125i」をタイで生産し同国内で1月に発売します。
  エンジンは、耐久性、静粛性と燃費性能を高めた新開発の125ccスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※1をClick 125iで初めて搭載します。
  スタイリングは、Click-iの“スリム&シャープ”のコンセプトを継承しながら、新エンジンの先進技術と爽快な走りをイメージしたアグレッシブかつ斬新でスポーティーなデザインとしています。
  Clickシリーズは、2006年に初代モデルをタイで発売し、2008年には、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)を搭載することで走行性能と燃費性能を高次元で両立。タイにおけるスポーツスクーターのカテゴリーで大きな支持を得ています。
  今回搭載するスクーター用グローバルエンジンのeSPは、2012年から世界各国で販売する125ccスクーターのさまざまなモデルへの搭載を計画しています。

※1 enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用水冷エンジンの総称です
※2 PGM-FIはHondaの登録商標です

Click 125i
Click 125i

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ