ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>第42回東京モーターショー Hondaブース出展概要について 〜次世代電動モビリティーコンセプト 7モデルを出展〜

2011年11月10日

第42回東京モーターショー Hondaブース出展概要について 〜次世代電動モビリティーコンセプト 7モデルを出展〜


  Hondaは、12月3日(土)から11日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターショー2011」に、コンセプトモデルを含む二輪車、四輪車および汎用製品などの展示物を出展します。

  今回は、「にんげんの気持ちいいってなんだろう」をブースコンセプトに、パーソナルモビリティーを広く世の中に提供していく企業として、Hondaが思い描く、ドキドキ、ワクワクする未来のモビリティーライフを提案します。移動を気軽に楽しめる未来都市型の二輪、三輪、四輪コミューターをはじめ、移動をもっと自由に、豊かに、楽しくする中・長距離型コミューター、運転する楽しさを追求するスポーツ系モデルなど、次世代電動モビリティーコンセプト7モデルを出展します。

  そのほか、四輪車は、空間のゆとりを創造した新たな軽乗用車シリーズ「N CONCEPT」を展示し、その第一弾モデルとなる「N BOX」を発表します。二輪車は、新開発のグローバル700ccエンジンを搭載した「NC700S」「INTEGRA」「NC700X」や日常での扱いやすさとオフロードでの楽しさを両立した「CRF250L」などの市販予定車を含む各種モデルを出展します。出展各社の中で単独ブランドとしては最大面積のブースに、Hondaならではの多彩なラインアップを取りそろえます。

  また、同会場内で行われる一般社団法人日本自動車工業会主催の「SMART MOBILITY CITY 2011」では、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「EVモンパル」、Hondaが独自に開発した「ガスエンジンコージェネレーションユニット」や「太陽光発電システム」などの組み合わせによる、家庭生活でのCO2低減を目指した「Hondaスマートホームシステム」の展示や、実証実験の取り組みなどを紹介します。

  Hondaは、「技術で人の生活を幸せなものにしたい」「人に役立つものをつくりたい」という創業時からの夢を原動力に、人を中心としたモビリティーの研究に取り組んでいます。楽しさと気持ちよさに満ちあふれたモビリティーを届けたいという想いで、Hondaのものづくりへのチャレンジはこれからも続きます。

<電動モビリティーコンセプト>
四輪車
AC-X
市街地走行から長距離移動まで、より快適な移動時間を楽しめる次世代プラグインハイブリッド車。
アグレッシブな走りを楽しみたいときはエンジン走行モードを、リラックスしてくつろぎたいときは自動運転モードを選ぶことができ、移動の楽しみが広がります。
MICRO COMMUTER CONCEPT
人にとってより身近な存在となるマイクロサイズ未来都市型電動コミューター。人とモビリティーの新しいコミュニケーションの楽しさや、手軽なカスタマイズを楽しめるエクステリアなどを提案します。二輪研究所と四輪研究所とのコラボレーションにより、二輪EVコミューター「MOTOR COMPO」の搭載を可能にしました。
スモールスポーツ EVコンセプト(仮称)
走る楽しみを最大限に具現化しながら、高い環境性能を備えた次世代EVスポーツモデルです。

二輪車
MOTOR COMPO
二輪車の手軽で便利な機動性に加え、「乗らないときでも使える」ことを目指した、コンパクトなEVコミューター。「MICRO COMMUTER CONCEPT」にも搭載可能で着脱式の走行用バッテリーは、生活の中での電源としても活用できます。
E-CANOPY
Honda独自の三輪スクーターにEVシステムを搭載した静かで快適な次世代コミューター。パーソナルユースのみならず、ビルトイン可能なリアトランクの採用により、デリバリーなどビジネスユースにも活用できます。
RC-E
スーパースポーツバイクをEV化し、走りの歓びを追求しました。250ccクラスのコンパクトな車体サイズで、EVならではのトルクフルでスムーズな走りを楽しめます。

汎用製品
TOWNWALKER
シンプルさと軽快さを追求した、誰もが気軽に街中での移動を楽しめるタウンモビリティー。ステアリング部とシート部を折り畳めば、クルマに積んでの移動も簡単に行えます。

AC-X MICRO COMMUTER CONCEPT
AC-X MICRO COMMUTER CONCEPT

スモールスポーツ EVコンセプト(仮称) MOTOR COMPO
スモールスポーツ EVコンセプト(仮称) MOTOR COMPO

E-CANOPY RC-E
E-CANOPY RC-E

TOWNWALKER
TOWNWALKER

<出展一覧>
(●は参考出品モデル、○は市販モデル、★ワールドプレミア、☆ジャパンプレミア)

四輪車
コンセプトモデル
●AC-X<★>   ●MICRO COMMUTER CONCEPT<★>
●スモールスポーツ EVコンセプト(仮称)<★> ●N CONCEPT<★>

市販予定モデル
●N BOX<★>   ●フィット EV<☆>   ●CR-V<☆>
 
市販モデル
○FCXクラリティ   ○フィット ハイブリッド/フィット シャトル ハイブリッド
○オデッセイ ○ステップ ワゴン スパーダ
○アコード ○フリード ハイブリッド/フリード スパイク ハイブリッド
○インサイト ○CR-Z

二輪車
コンセプトモデル
●MOTOR COMPO<★>   ●E-CANOPY<★>   ●RC-E<★>
 
市販予定モデル
●NC700S<☆>   ●INTEGRA<☆>   ●NC700X<☆>
●CRF250L<★> ●CBR1000RR<☆>
 
市販モデル
○ゴールドウイング   ○VFR1200F Dual Clutch Transmission
○CB1300 SUPER BOL D'OR ○CB400 SUPER FOUR
○ディオ110 ○PCX   ○EV-neo

カスタマイズコンセプトモデル
●NC700S カスタマイズコンセプト<☆>   ●INTEGRA カスタマイズコンセプト<☆>
●NC700X カスタマイズコンセプト<☆> ●CRF250L カスタマイズコンセプト<★>
●CRF450R カスタマイズコンセプト<★> ●CB1100 カスタマイズコンセプト
●CBR250R カスタマイズコンセプト ●ベンリィ110 カスタマイズコンセプト
 
その他(海外モデルなど)
●Crosstourer<☆>   ●VFR800X MUGEN
●CB1000R ●CBR600F

レース出場車
RC212V(2011年 ロードレース世界選手権・MotoGPクラス チャンピオン獲得 ケーシー・ストーナー選手出場車)
CRF450R(2011年 全日本モトクロス選手権・IA1クラス出場車)
Montesa COTA 4RT(2011年 トライアル世界選手権 チャンピオン獲得 トニー・ボウ選手出場車)
NSF250R(2012年 ロードレース世界選手権・Moto3クラスおよび全日本ロードレース選手権・J-GP3クラス用 新開発モデル)

汎用製品
コンセプトモデル
●TOWNWALKER<★>

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ