ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>全世界で販売する製品のCO2排出量を30%低減する目標を公表 〜グローバル環境スローガンを制定〜

2011年06月21日

全世界で販売する製品のCO2排出量を30%低減する目標を公表 〜グローバル環境スローガンを制定〜


  Hondaは、環境年次レポート2011を発行し、経営の最重要課題である気候変動・エネルギー問題への対応として、2020年に向けたCO2低減目標を定めるとともに、「Blue Skies for Our Children」を新たにグローバル環境スローガンと定め、Honda環境ビジョンに掲げた「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現を目指します。

  Hondaは、かねてより環境保全活動をより積極的に推進するため、独自に目標を設定し、取り組みを展開してきました。2006年には全世界で販売する二輪車・四輪車・汎用製品のCO2排出量を2010年までに2000年比で10%低減するという目標を掲げ、2010年はすべての製品で目標を達成しました。

  今回、全世界で販売する製品のCO2排出量を2020年までに2000年比で30%低減するという目標を定めるとともに、生産時やサプライチェーンを含めた企業活動全体でのCO2排出量低減に向けた取り組みも強化していきます。さらに今後はモビリティーと暮らしの総合的なCO2排出を低減するエネルギーマネジメント技術の進化にも取り組んでいきます。

  また、全世界で環境への取り組みをさらに積極的に推進していく意思表明として、グローバルでの環境スローガンと環境シンボルを制定し、環境・エネルギー技術のトップランナーを目指します。
  今後、世界各地の社内外における環境関連での活動・情報発信の際、このグローバル環境スローガンと環境シンボルを積極的に活用していきます。

Honda環境ビジョン

「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現

グローバル環境スローガン

Blue Skies for Our Children

1970年代、当時最も厳しい排出ガス規制とされた米国マスキー法のクリアにチャレンジしたHondaの技術者は、「子どもたちに青い空を残したい」という想いのもと、開発に取り組みました。「自由な移動の喜びを次世代(for our children)に伝えていきたい、だからこそ豊かで持続可能な社会(blue skies)を実現させたい」という、これまでも、これからも変わらないHondaの環境への取り組みに対する想いを象徴するスローガンとしました。

グローバル環境シンボル

BLUE SKIES FOR OUR CHILDREN 丸い地球のモチーフの中に、太陽と青空(きれいな空気)、きれいな水、そして緑豊かな大地といった「豊かで持続可能な社会」の実現のために必要な自然の恵みを表現しました。
また、中央の白いラインはモビリティーが自由に移動できる道を、ハートはHondaの環境への取り組みに対する想いや情熱を表現しています。

◆Hondaの環境への取り組みは、Hondaホームページにてご覧いただけます。
   http://www.honda.co.jp/environment/

ニュースリリーストップへ