ニュースリリース
ニュースリリース>バイク関連ニュース>欧州で新型二輪車「INTEGRA」を発表

2011年10月24日

欧州で新型二輪車「INTEGRA」を発表


Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州スラウ、社長:西前 学)は、2011年10月24日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
  Hondaは、モーターサイクルの走りの楽しさにスクーターの快適性を融合した新型の二輪車「INTEGRA」を欧州で発表しました。

  INTEGRAは、「SCOOTING MOTORCYCLE」を開発コンセプトに、下記の目標を定めて開発に取り組んできました。
  ・優れた低燃費など高い環境性能を実現した力強く扱いやすい出力特性
  ・卓越した操縦安定性を実現するハンドリング性能
  ・所有感を満たす快適装備と個性的な先進デザイン
  エンジンは、新設計の水冷・4ストローク・直列2気筒700ccを搭載。低・中速域で力強いトルク特性と低燃費で優れた環境性能を両立しています。また、軽量・コンパクト化を図った第二世代のデュアル・クラッチ・トランスミッションを採用することで、簡便な操作で快適な走行を楽しむことを可能としています。
  車体は、軽快なハンドリングと安心感のある操縦特性を目指し、フレームにはしなやかさと剛性感を高次元で融合させた丸型鋼管のダイヤモンド形式を採用。サスペンションは、フロントにテレスコピックタイプを、リアにプロリンクを採用しています。また、前・後の大径17インチのアルミキャストホイールと、専用に開発したラジアルタイヤによって、軽快なハンドリングを実現しています。
  デザインは、モーターサイクルの機動性とスクーターの快適性を融合し、お客様が一目見てHondaのニューコンセプトモデルとわかるアイデンティティーを随所に盛り込み、オリジナリティーを表現しました。また、優れたエアマネジメント性能に加え、自由度の高いライディングポジションからくる優れた取り回し性と快適な走りを具現化したデザインとしています。
  このINTEGRAは、11月8日からイタリアのミラノ市で開催されるEICMA 2011(ミラノショー)に出品します。

INTEGRA(右側) INTEGRA(左側)
INTEGRA(右側) INTEGRA(左側)

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


INTEGRAの主要諸元(欧州仕様車)
型式 RC62
全長×全幅×全高(m) 2.195×0.790×1.440
軸距(m) 1.525
最低地上高(m) 0.135
シート高(m) 0.790
車両重量(kg) 238
乗車定員(人) 2
エンジン型式・種類 RC61E 水冷・4ストローク OHC 直列2気筒
総排気量(cm3 670
内径×行程(mm) 73×80
圧縮比 10.7
最高出力(kW/rpm) 38.1/6,250
最大トルク(N・m/rpm) 62/4,750
燃料消費率(km/L) 27.9(WMTCモード)
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 14.1
クラッチ形式 湿式多板コイル・スプリング式
変速機形式 電子式6段変速
変速比 1  速 2.666
2  速 1.904
3  速 1.454
4  速 1.200
5  速 1.033
6  速 0.837
減速比(1次/2次) 1.921/2.437
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°/110
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド


ニュースリリーストップへ