ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>安全運転教育「四輪ドライビングシミュレーター」をフルモデルチェンジし発売

2010年03月02日

安全運転教育「四輪ドライビングシミュレーター」をフルモデルチェンジし発売


  Hondaは、安全運転教育用「四輪ドライビングシミュレーター(模擬運転装置)」をフルモデルチェンジし、3月2日(火)に発売する。

  新型四輪ドライビングシミュレーターは、危険に対する認知力や理解力をさらに高めていただけるよう、運転中に起こる可能性が高い危険場面での注意点や安全運転のアドバイスを、画像や文字で分かりやすく解説する「危険場面解説機能」などを新たに追加した。これにより、指導員のよりきめ細かく、的確な指導を実現する。高画質な液晶ディスプレイを採用することで、より実際に近い運転感覚の体験が可能になった。

  四輪ドライビングシミュレーターは、Hondaが長年培った安全運転のノウハウを活かし、実際の交通状況を想定しながら危険を安全に体験できる安全運転教育機器として開発。2001年の発売以来、国内外の教習所などに約200台販売してきた。この他、二輪車や自転車のシミュレーター、四輪車の簡易型シミュレーターも販売しており、幅広いモビリティの運転者を対象に、危険予測の能力や安全意識の向上をはかっている。

新型四輪ドライビングシミュレーターの主な変更点
実際の運転中に起こる可能性の高い危険場面での注意点や安全行動のポイントを、画像や文字で分かりやすく解説する「危険場面解説機能」を新たに追加
従来の6軸モーションタイプに加え、お求めやすい価格の2軸モーションタイプをラインアップ
シミュレーター本体のディスプレイに、より鮮明な高画質42型液晶ディスプレイを採用
操作が容易なタッチパネル式の操作モニターを採用
走行後に運転状況の結果を表示する「走行結果表示」を標準設定
ソフトウェアの「夜モード」「霧モード」「高速道路体験編」を標準設定

四輪ドライビングシミュレーター 「危険場面解説機能(アドバイス画面)」画面イメージ
四輪ドライビングシミュレーター 「危険場面解説機能(アドバイス画面)」画面イメージ

販売計画台数(国内・初年度) 30台
全国メーカー希望小売価格
本体価格(搬送費別) 2軸モーションタイプ 6,195,000円(消費税抜き  5,900,000円)
6軸モーションタイプ 9,450,000円(消費税抜き  9,000,000円)

「四輪ドライビングシミュレーター」のお問い合わせ先
安全運転普及本部教育機器課    TEL 048-452-0559  FAX 048-452-0815
ニュースリリーストップへ