ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>阪神甲子園球場に設置したホンダソルテックの薄膜太陽電池が稼働を開始

2010年03月01日

阪神甲子園球場に設置したホンダソルテックの薄膜太陽電池が稼働を開始


  Hondaの子会社で、太陽電池の製造・販売を手がける(株)ホンダソルテック(本社:熊本県菊池郡 社長:数佐 明男)の薄膜太陽電池が、本日より阪神甲子園球場での稼働を開始した。

  ホンダソルテックの薄膜太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルにともない、「銀傘」という愛称で親しまれている内野席の屋根に設置された。推定される発電量は年間約19.3万kWh※1、CO2削減量は年間約133t※2

  Hondaが独自開発した薄膜太陽電池は、銅−インジウム−ガリウム−セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成されており、製造時から環境に優しい太陽電池である。環境意識の高まりにともない、薄膜太陽電池の需要は着実に増しており、2007年から販売している一般住宅用商品に加え、今回の阪神甲子園球場に設置したような公共・産業用商品も2008年から販売している。

  Hondaは、二輪車・四輪車・汎用といった商品のCO2低減に加え、エネルギーを生み出す商品の展開にも力を入れており、地球温暖化防止に向けた取り組みをさらに加速させていく。
※1 ホンダソルテック調べ
※2 阪神電気鉄道(株)調べ。火力で発電した場合と比べたCO2削減量。なお、太陽光発電協会が規定する、日本の電力会社の使用端CO2排出単位等を基に計算した場合の年間CO2削減量は、約61tとなる

Hondaの薄膜太陽電池を設置した阪神甲子園球場
Hondaの薄膜太陽電池を設置した阪神甲子園球場

阪神甲子園球場に設置したホンダソルテックの太陽電池モジュール諸元
  公共・産業用
HEM125PSA
セルの種類 CIGS
公称最大出力(W) 125
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
1,417×791×37
質量(kg) 14.3
公称開放電圧(V) 93.3
*表記の数値はAM1.5、日射強度1kW/m2、モジュール温度25℃でのHonda計測値
*実使用時の出力は、日射強度、設置条件(方位、角度、周辺環境)、地域及び温度条件により異なる


ご参考:ホンダソルテックの太陽電池モジュール諸元
  公共・産業用 一般住宅用
HEM125PSA HEM115PSA HEM125PA HEM115PA
セルの種類 CIGS
公称最大出力(W) 125 115 125 115
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
1,417×791×37
質量(kg) 14.3
公称開放電圧(V) 93.3 92.7 280 278
*表記の数値はAM1.5、日射強度1kW/m2、モジュール温度25℃でのHonda計測値
*実使用時の出力は、日射強度、設置条件(方位、角度、周辺環境)、地域及び温度条件により異なる


(株)ホンダソルテック概要
設立 2006年12月1日
本社所在地 熊本県菊池郡大津町大字平川2042番地
(本田技研工業株式会社 熊本製作所敷地内)
営業拠点所在地 埼玉県和光市/大阪府大阪市/熊本県菊池郡大津町
資本金 40億円
出資形態 本田技研工業株式会社  100%出資
代表者 社長 数佐 明男(かずさ あきお)
従業員数 約150人(フル生産時)
生産能力 約27.5メガワット/年(3kWシステムで約9,000軒分)
ニュースリリーストップへ