ニュースリリース
ニュースリリース>バイク関連ニュース>電動二輪車「EV-neo」のリース販売を開始

2010年12月16日

電動二輪車「EV-neo」のリース販売を開始


  Hondaは、電動二輪車「EV-neo(イーブイ・ネオ)」のリース販売を12月24日(金)に開始します。
  「EV-neo」は、重量物の運搬や配達業務などのビジネス用途向けに開発し、「クリーン」「静か」と「力強さ」を両立させた原付一種(第一種原動機付自転車)の電動二輪車です。
  2010年12月から2011年3月にかけて、複数の協力企業に走行データ収集などのモニタリング※1を行うための車両約100台を納車し、一般の企業や個人事業主に対するリース販売は、2011年4月からを予定しています。なお、モニタリングを通じてビジネスの現場で取得した各種データは、今年10月より実施している10台の試作車によるテスト運用※2のデータとあわせ、今後の電動二輪車の開発に活用する予定です。

  「EV-neo」は、走行時にCO2を一切排出しない「クリーン」で「静か」な電動ならではの優れた環境性能に加え、低回転からトルクのあるモーターの特性を活かし、荷物積載時でも力強い発進性能と登坂性能を実現しました。インサイトの技術などを応用した自社製のモーターとリチウムイオン電池を採用し、業務の合間に充電が完了できるよう、約30分でフル充電(気温25℃環境下)が可能な新開発の専用急速充電器との組み合わせにより、様々なビジネスの現場で幅広く使える本格的な電動二輪車として開発しました。車体は、荷物を積みやすい広くフラットなリアデッキや、乗り降りしやすいフラットなフロアなど、配達などの業務における使い勝手を考慮しました。「EV-neo」をベースに、新聞などの配達に便利な大型リアキャリアと、フロントバスケットの装着に便利なブラケットを標準装備してさらに積載性を高めた「EV-neo PRO」も同時に販売します。

  Hondaは、環境性能に優れた製品を、より身近に、より多くのお客様に提供していくことで、今後も地球規模でのCO2排出量削減に寄与していきます。

※1、2 EV-neoのモニタリングと試作車のテスト運用は、環境省による平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業として採択されています

EV-neo EV-neo PRO
EV-neo EV-neo PRO

販売計画台数(国内・年間) 1,000台
メーカー希望小売価格※3
EV-neo
車両本体 454,650円(消費税抜き価格  433,000円)
車両本体(普通充電器付) 494,550円(消費税抜き価格  471,000円)
車両本体(急速充電器付) 574,350円(消費税抜き価格  547,000円)
EV-neo PRO
車両本体 459,900円(消費税抜き価格  438,000円)
車両本体(普通充電器付) 499,800円(消費税抜き価格  476,000円)
車両本体(急速充電器付) 579,600円(消費税抜き価格  552,000円)
オプション(別売)
普通充電器 39,900円(消費税抜き価格  38,000円)
急速充電器 119,700円(消費税抜き価格  114,000円)
接近通報装置※4 19,950円(消費税抜き価格  19,000円)
※3 本製品は官公庁、法人、個人事業主に限定したリース販売となります
※4 表示価格には取付工賃等は含まれておりません


=主な特長=
「クリーン」「静か」と「力強さ」を両立した動力性能
自社製ブラシレスモーターとリチウムイオン電池を採用した新開発のパワーユニットは、走行時にCO2を一切排出せず、早朝の配達や住宅街の巡回業務などに有効な電動二輪車ならではの静かな走行音とあわせ、高い環境性能を実現しています。また、低回転から力強いトルクを発生するパワーユニットは、30kg積載時に傾斜12°の坂道での発進を可能としています。

業務使用を考慮したタフなバッテリーシステム
一回の充電あたりの走行距離は34km(30km/h定地走行テスト値)を実現し、宅配や巡回などの業務に適しています。バッテリーは繰り返しの充放電や急速充電に強く、極低温時にも安定した特性を持つ東芝製の新型リチウムイオンバッテリー(SCiB)を採用。あわせて専用冷却ファンを備える新開発のバッテリー冷却システムを装備し、年間を通じた業務使用に備えています。

稼働パターンに応じて選べる2種類の充電器
専用設計の急速充電器(200V電源使用)は、残量ゼロから約30分でフル充電(気温25℃環境下)が可能で、業務の合間に短時間で充電ができます。また、シート下のスペースに格納して持ち運びできる普通充電器は、残量ゼロから約3.5時間でフル充電(気温25℃環境下)が可能です。

配達などの業務での使用を想定した車体
フロントに5kg※5、シート下のトランクに5kg、リアデッキに20kgの計30kg(原付一種の法定最大積載量)の積載が可能な車体は、重量物のバッテリーを床下に収める低重心設計とし、前後12インチタイヤの採用とあわせ、積載時の安定性を高めています。また、ハンドル切れ角は左右50°を確保し、路地などでも優れた小回り性を実現しています。さらに、積載時にも安定した制動力を発揮できるよう、Honda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を採用。センタースタンドに加え、標準装備のサイドスタンドは跳ね上げ音を軽減するラバーを装備し、配達業務などによる頻繁な駐停車時における静粛性を確保しています。
※5 フロントバスケットなどのアクセサリー装着時

使い勝手を高める充実した装備
走行距離やバッテリー残量、充電中などの必要な情報を表示する、視認性に優れたデジタルメーター。
メインスイッチを入れたまま車両から離れても、一定時間が経過すると電力を遮断して省電力に貢献するオートパワーセーブ・システム。
抜き挿しのしやすさや耐久性を考慮した新開発のEV-neo専用充電用コネクター。

その他
車体色はロスホワイトの全1色。
時速約28km/h以下での走行時に、歩行者などに車両の接近をお知らせする「接近通報装置」※6をオプション設定。
※6 この装置は、国土交通省発行「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイドライン」に準拠し、周囲にむけて警告音を発することで、歩行者などに対し車両接近に対する認知を補助するもので、運転者の注意義務を免除するものではありません

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター  0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


主要諸元

通称名 EV-neo
車名・型式 ホンダ・ZAD-AF71
全長×全幅×全高(m) 1.830〔1.875〕×0.695×1.065
軸距(m) 1.250
最低地上高(m) 0.120
シート高(m) 0.756
車両重量(kg) 106〔110〕
乗車定員(人) 1
最小回転半径(m) 1.7
原動機型式・種類 AF71M・交流同期電動機
定格出力(kW) 0.58
最高出力(kW[PS]/rpm) 2.8[3.8]/5,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/2,000
一充電走行距離(km) 34(30km/h定地走行テスト値)
メインバッテリー種類 リチウムイオン電池
メインバッテリー電圧/容量 72V/12.6Ah(1HR)
バッテリー充電電源 普通充電器 AC100V(単相)
急速充電器 AC200V(単相)
クラッチ形式 乾式多板シュー式
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/74
タイヤサイズ 90/90-12 44J
100/80-12 56J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン
■製造事業者/本田技研工業株式会社
■道路運送車両法による型式認定申請書数値(シート高はHonda測定値)
〔  〕内は、PROタイプ


ニュースリリーストップへ