ニュースリリース
ニュースリリース>バイク関連ニュース>環境性能の高い「リード」のカラーリングを変更するとともに、お求めやすい価格とすることで「リード・EX」として新たに発売

2010年02月18日

環境性能の高い「リード」のカラーリングを変更するとともに、お求めやすい価格とすることで「リード・EX」として新たに発売


  Hondaは、静粛性や燃費性能に優れた、水冷・4ストローク・110ccエンジンを搭載した、原付二種スクーター「リード」の車体色などを変更するとともに、お求めやすい価格とすることで、新たに「リード・EX」として2月25日(木)に発売する。

  今回のカラーリングの変更では、新色として軽快なイメージのコスミックシルバーメタリック、落ち着いた雰囲気のキャンディーバリュアブルレッド、鮮やかでスポーティーなイメージのパールコーンイエローの3色を新たに設定。好評のブラックおよびパールシルキーホワイトとあわせて、合計5色の車体色としている。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。ブラックのマフラープロテクターとあいまって、ボディ下部に精悍なイメージを与えている。好評のコンビブレーキシステムには、新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。前・後輪に適切な制動力を発生させることで、より車体の安定性を保ちながらのブレーキングを可能としている。また、サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とするなど、より安全に配慮した仕様としている。
  メーカー希望小売価格(消費税込み)は、従来に比べ23,100円安い249,900円とし、よりお求めやすい価格を実現している。

  「リード・EX」は、2008年1月に「リード」として発売以来、使い勝手の良い車体サイズやシート下の大容量収納スペース(35L)などの高い利便性に加え、優れた燃費性能や洗練されたスタイリッシュなデザインなどにより、特に大都市部での通勤・通学などの移動手段として、30代から40代を中心としたお客様に高く評価されているモデルである。
※Honda調べ

リード・EX
リード・EX

販売計画台数(国内・年間) 13,500台
メーカー希望小売価格 249,900円(消費税抜き本体価格  238,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

お客様からのお問い合せは、
「お客様相談センター  0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


主要諸元

通称名 リード・EX
車名・型式 ホンダ・EBJ-JF19
全長×全幅×全高(m) 1.835×0.675×1.125
軸距(m) 1.275
最低地上高(m) 0.105
シート高(m) 0.740
車両重量(kg) 114
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式・種類 JF19E・水冷 4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3 107
内径×行程(mm) 50.0×55.0
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 6.6[9.0]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 9.3[0.95]/6,250
燃料消費率(km/L) 50.0(60km/h定地走行テスト値)
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フル・トランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 6.5
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1  速 2.590〜0.880
減速比 1  次 2.500
2  次 3.769
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30´/74
タイヤサイズ 90/90-12 44J
100/90-10 56J
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン
製造事業者/五羊−本田摩托(広州)有限公司    製造国/中国    輸入事業者/本田技研工業株式会社


ニュースリリーストップへ