ニュースリリース
ニュースリリース>企業関連ニュース>阪神甲子園球場に、ホンダソルテックの薄膜太陽電池を設置

2009年10月01日

阪神甲子園球場に、ホンダソルテックの薄膜太陽電池を設置


 Hondaの子会社で、太陽電池の製造・販売を手がける(株)ホンダソルテック(本社:熊本県菊池郡 社長:数佐 明男)の薄膜太陽電池が阪神甲子園球場に設置されることが決定した。

 ホンダソルテックの薄膜太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルにともない、「銀傘」という愛称の内野席を覆う屋根に設置され、2010年3月から稼働する予定。推定される発電量は年間約19.3万kWh※1、CO2削減量は年間約133t※2

 Hondaが独自開発した薄膜太陽電池は、銅−インジウム−ガリウム−セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成されており、製造時から環境に優しい太陽電池である。環境意識の高まりにともない、薄膜太陽電池の需要は着実に増しており、2007年から販売している一般住宅用商品に加え、今回の阪神甲子園球場に設置するような公共・産業用商品も2008年から販売している。

 Hondaは、二輪車・四輪車・汎用といった商品のCO2低減に加え、エネルギーを生み出す商品展開にも力を入れており、地球温暖化防止に向けた取り組みをさらに加速させていく。

※1 ホンダソルテック調べ
※2 阪神電気鉄道(株)調べ。火力で発電した場合と比べたCO2削減量。なお、太陽光発電協会が規定する、日本の電力会社の使用端CO2排出単位等を基に計算した場合の年間CO2削減量は、約61tとなる

阪神甲子園球場 薄膜太陽電池設置イメージ
阪神甲子園球場 薄膜太陽電池設置イメージ

阪神甲子園球場に設置予定のホンダソルテックの太陽電池モジュール諸元
  公共・産業用
HEM125PSA
セルの種類 CIGS
公称最大出力(W) 125
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
1,417×791×37
質量(kg) 14.3
公称開放電圧(V) 93.3
*表記の数値はAM1.5、日射強度1kW/m2、モジュール温度25℃でのHonda計測値
*実使用時の出力は、日射強度、設置条件(方位、角度、周辺環境)、地域及び温度条件により異なる


ご参考:ホンダソルテックの太陽電池モジュール諸元
  公共・産業用 一般住宅用
HEM125PSA HEM115PSA HEM125PA HEM115PA
セルの種類 CIGS
公称最大出力(W) 125 115 125 115
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
1,417×791×37
質量(kg) 14.3
公称開放電圧(V) 93.3 92.7 280 278
*表記の数値はAM1.5、日射強度1kW/m2、モジュール温度25℃でのHonda計測値
*実使用時の出力は、日射強度、設置条件(方位、角度、周辺環境)、地域及び温度条件により異なる


(株)ホンダソルテック概要
設立 2006年12月1日
本社所在地 熊本県菊池郡大津町大字平川2042番地
(本田技研工業株式会社 熊本製作所敷地内)
営業拠点所在地 埼玉県和光市/大阪府大阪市/熊本県菊池郡大津町
資本金 40億円
出資形態 本田技研工業株式会社 100%出資
代表者 社長 数佐 明男(かずさ あきお)
従業員数 約150人(フル生産時)
生産能力 約27.5メガワット/年(3kWシステムで約9,000軒分)

ニュースリリーストップへ