ニュースリリース

2009年02月23日

社長人事について


 Hondaは、本日の取締役会にて専務取締役の伊東 孝紳(いとう たかのぶ)が、代表取締役社長となる人事を内定した。社長の福井 威夫は、取締役相談役となる。なお、本件は、本年の6月下旬開催予定の定時株主総会終了後の取締役会にて正式に決定する。

 社長に就任予定の伊東は、1978年にHondaに入社、その後、車体設計を中心に四輪車の研究・開発に従事。1990年に発売したミッドシップ・スポーツカー「NSX」では、量産車世界初のオールアルミ・モノコックボディの開発を担当。1993年10月に日本で発売したコンパクトセダン「アスコット/ラファーガ」シリーズでは開発責任者を務めた。

 1998年4月から2000年3月まで、ホンダアールアンドディアメリカズ・インコーポレーテッドの副社長として米国に駐在し、アキュラブランド初のSUV「MDX」(2000年10月に米国で発売)の現地での開発を推進した。
 2000年6月には、本田技研工業株式会社(以下、本田技研工業)取締役と株式会社本田技術研究所(以下、本田技術研究所)常務取締役に就任、2003年6月に本田技術研究所 社長に就任した。2005年4月には、鈴鹿製作所長に就任。2007年4月には四輪事業本部長、同6月に専務取締役に就任し、現在に至っている。

 伊東は、2009年4月に本田技術研究所の社長就任を予定しており、2009年6月末からは、本田技研工業の社長と本田技術研究所の社長を兼務することになる。

 福井は、2003年6月に本田技研工業 社長に就任。約6年の任期の間には、米国インディアナ四輪車工場、寄居四輪車工場、小川エンジン工場の設立などを決定し、グローバルでの生産体制の進化を図った。また、航空機エンジンや機体の事業化、次世代型太陽電池の事業化など新規事業への進出も行った。2006年には最もCO2の排出が少ない工場で、最もCO2の排出が少ない製品を生み出す企業を目指し、業界で初めて全世界での製品と生産活動でのCO2低減目標を公表するなど、世界規模でのCO2低減に取り組んでおり、環境技術・商品の進化を積極的に進めている。また、ハイブリッド車の普及時代の先駆けとなる「インサイト」の商品化を主導した。

 福井は、1969年にHondaに入社、CVCCエンジンの開発などに携わった後、主に二輪車の開発やレース活動を担当し、1988年に本田技研工業 取締役に就任。その後、浜松製作所長、ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド 社長、本田技術研究所 社長などを歴任、2003年6月に本田技研工業 社長に就任し、現在に至っている。

Hondaの歴代社長と任期
本田 宗一郎 1948年9月〜1973年10月
河島 喜好 1973年10月〜1983年10月
久米 是志 1983年10月〜1990年6月
川本 信彦 1990年6月〜1998年6月
吉野 浩行 1998年6月〜2003年6月
福井 威夫 2003年6月〜2009年6月(予定)
ニュースリリーストップへ