ニュースリリース
ニュースリリース>バイク関連ニュース>カブ系エンジンに搭載可能な新型オートマチックトランスミッション「CVマチック」を開発

2009年09月08日

カブ系エンジンに搭載可能な新型オートマチックトランスミッション「CVマチック」を開発


 Hondaは、カブ系エンジンに組み合わせて搭載可能な、新型オートマチックトランスミッション「CVマチック」を開発。主に新興国で、多くのユーザーに愛用され続けているカブタイプの変速機構をフルオートマチック化することで、さらなる実用性と利便性の向上を図っている。このシステムは2010年に発売するアセアン向けのカブタイプに搭載を予定している。

 この新開発のCVマチックは、Hondaが長年培ってきた小型二輪車用オートマチック技術を基に、新開発の冷却機構を採用することで、ドライブベルトに発生する熱負荷の問題を解消。ベルトの耐久性を確保しながら、ドライブプーリーとドリブンプーリーの軸間が短くコンパクトな構造を実現することで、エンジン搭載位置を大きく変える必要がないなど、車体設計の自由度に優れたものとしている。

※特許出願件数14件

CVマチック CVマチック構造図
CVマチック CVマチック構造図

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

ニュースリリーストップへ