プレスインフォメーションへ
2008年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2008年のニュースへ
Press Information 2008
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2008年4月22日
「歩行アシスト」をバリアフリー2008に参考出展

 Hondaは、加齢などにより脚力が低下した人の歩行をサポートする「歩行アシスト」装置のプロトタイプを、総合福祉展「バリアフリー2008」(主催:社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪 日程:4月25日(金)〜27日(日) 会場:インテックス大阪)に参考出展する。

 「歩行アシスト」は、より多くの人に移動する喜びを提案するため、1999年から研究を開始。現在では、有効性を検証する段階に至っている。
 ASIMOと同様、人の歩行研究の蓄積をベースに開発したHonda独自の協調制御技術を採用。歩行時の股関節角度センサーの情報をもとに協調制御を行い、制御CPUの指示を受けたモーターが最適なアシストを行う。これにより、非装着時と比べて歩幅を広げることで、より楽な歩行を可能としている。
 また、Honda独自開発の薄型モーターと制御システムを採用して小型化を達成。さらに、ベルト着用タイプのシンプルな構造とするなど、重量を約2.8kgと軽量化して装着時の負担を軽減するとともに、さまざまな体格に対応可能な仕様としている。
 「歩行アシスト」の研究は、(株)本田技術研究所 基礎技術研究センター(埼玉県和光市)で行っている。

 なお、「バリアフリー2008」Hondaブースでは、希望者の方に「歩行アシスト」を着用しその効果を体感していただく予定。
※自力での歩行が可能な人

(出展装置)主要諸元
サイズ 3サイズ(S、M、L)
モーター間内寸:(S)312mm、(M)342mm、(L)372mm
重量 2.8kg *Mサイズ
駆動方式(モーター/減速比) ブラシレスDCモーター/10
バッテリー(種類/容量) リチウムイオン2次電池/22.2V-1Ah
一充電稼働時間(時間) 2時間(4.5km/h歩行時)

歩行アシスト装着例(歩行中) 歩行アシスト装着例
歩行アシスト装着例(歩行中) 歩行アシスト装着例

プレスルームへ プレスインフォメーションへ