プレスインフォメーションへ
2007年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2007年のニュースへ
Press Information 2007
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2007年7月17日
「家庭用小型コージェネレーションユニット」
国内販売5万台を達成

 Hondaは、ガスエンジンで発電し、同時にエンジンの排熱を利用して給湯する高効率家庭向け熱電併給システムのコアユニット「家庭用小型コージェネレーション(熱電併給)ユニット」の国内販売台数が、2003年の発売以来、5万台に達したと発表した。

 Hondaの「家庭用小型コージェネレーションユニット」と排熱利用の給湯暖房ユニットで構成されるシステムは、「ECOWILL(エコウィル)」のブランドで各ガス会社から販売されている。
 「家庭用小型コージェネレーションユニット」の総合エネルギー効率は85.5%という高いレベルであり、「ECOWILL」5万台分の年間CO2排出低減効果は約42,000トンで樹木300万本分※1に相当する。
 環境意識の高まりにともない、家庭用小型コージェネレーションシステムの需要は着実に増しており、日本ガス体エネルギー普及促進協議会は「ECOWILL(エコウィル)」の2010年度末までの累計普及目標台数を23万5000台としている※2

 また、米国では今年3月より、Hondaの「家庭用小型コージェネレーションユニット」と排熱利用の暖房ユニットで構成されるシステムを「freewattTM(フリーワット)」のブランドでアメリカン・ホンダモーターカンパニーリミテッドと米国クライメート・エナジー社が共同で販売を開始した。

 Hondaは、2006年に発表した、全世界での製品および生産活動における「2010年CO2低減目標」への取り組みに加え、コージェネレーションユニットや薄膜太陽電池など、エネルギー創出製品の展開にも力を入れ、地球温暖化防止に向けた取り組みをさらに加速させていく。
※1 Honda調べ
※2
出典: 日本ガス体エネルギー普及促進協議会 ニュースリリース
「高効率ガス給湯器「エコジョーズ」「エコウィル」の普及目標について」(2005年12月1日 発行)

家庭用小型コージェネレーションユニットHonda MCHP 1.0
家庭用小型コージェネレーションユニット
Honda MCHP 1.0

<主要諸元>
使用燃料 都市ガス(13A、12A)、LPガス
エンジン形式 4ストローク水冷単気筒OHV
排気量 163cm3
発電形式 多極式正弦波インバーター発電
発電出力 1.0kW(AC100/200V)
熱出力 2.8kW
質量 82kg(運転時冷却水含み 83kg)
サイズ 奥行380mm×全幅580mm×全高880mm(突起部分除く)

システム概念図
システム概念図

「家庭用小型コージェネレーションユニット」の主な特長

○高い発電効率&省エネシステム
一般家庭に適した1kWの発電出力と2.8kWの熱出力で85.5%という高い総合エネルギー効率を達成。発電効率は22.5%。

○軽量・コンパクト設計
家庭での設置を考慮した省スペース設計に加え、各種配線の下方取り出しや化粧配管の取り付けを可能にするなど美観にも配慮したシンプルデザインを追求。


お客様お問い合わせ先
本田技研工業株式会社 日本営業本部 汎用営業部 法人営業室
〒351-0188 埼玉県和光市本町8-1
TEL 048-452-0312

プレスルームへ プレスインフォメーションへ