プレスインフォメーションへ
2007年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2007年のニュースへ
Press Information 2007
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
四輪製品ニュース
2007年7月4日
「インターナビ・ウェザー」に世界初の
「豪雨地点予測情報」と「地震情報」サービスを追加

 Hondaは、「インターナビ・プレミアムクラブ」が提供するサービス「インターナビ・ウェザー」に、カーナビゲーション向けとしては世界初の「豪雨地点予測情報」※1と、「地震情報」※2を追加し、7月5日(木)よりサービスを開始する。さらに、地震発生時の「位置情報付き安否連絡」サービスを、本年秋に発売する新型フィットから順次展開する。

 このサービスは、ドライバーに豪雨地点や地震地域など、運転に影響を与える可能性のある情報を事前に通知することで、危険回避に役立てるとともに、安全で最適なルートの選択を可能とした。また、地震発生場所付近を走行している場合、車から自動で家族などに位置情報を送信し、迅速な安否確認を行うことを可能とした。

インターナビ・ウェザー「豪雨地点予測情報」(世界初)
 財団法人 日本気象協会から提供される降雨予測情報をもとに、インターナビVICSの通過予想時刻にもとづく、約10分先までの時間雨量30mmを超える豪雨地点予測情報をナビゲーション画面に表示し警告する。

インターナビ・ウェザー「地震情報」
 財団法人 日本気象協会から提供される地震情報をもとに、ルート付近に起きた震度5弱以上の地震情報をナビゲーション画面に表示し警告することで、道路の陥没や崩壊などへの注意を促す。

「位置情報付き安否連絡」(新型フィットからサービス開始)
 「地震情報」対象エリアの付近にいる車が、事前に登録しておいた家族などのメールアドレスに自動で位置情報を送信する。メールの受信者は、インターネットまたは携帯電話サイトの地図画面で位置確認が可能。さらに、ドライバーがナビ画面から送信操作を行うことにより、安否情報を伝えることもできる。

 さらにHondaが協力した、独立行政法人 防災科学技術研究所の「災害時道路情報共有化に関する研究」では、被災地の道路が通行可能かどうかを把握するうえで、フローティングカーデータが有効であることが検証された。今後も、インターナビが収集した交通情報データの社会的な活用方法を積極的に検討していく。
※1 ※2 京都大学防災研究所 巨大災害研究センターとの共同研究

インターナビ・ウェザー 「豪雨地点予測情報」 インターナビ・ウェザー 「地震情報」
インターナビ・ウェザー 「豪雨地点予測情報」 インターナビ・ウェザー 「地震情報」

<ご参考>
インターナビ・プレミアムクラブの歴史
2002年 8月 「インターナビ・プレミアムクラブ」を発表。
10月 「インターナビ・プレミアムクラブ」サービス開始。
2003年 6月 ロードアシスタントサービス「QQコール」を開始。
9月 インターナビ・フローティングカーシステムを実用化。(自動車メーカーとして世界初)
10月 渋滞予測機能を実用化。(自動車メーカーとして世界初)
11月 「インターナビ・プレミアムクラブ」の会費を無料化。
2004年 6月 「インターナビ・プレミアムクラブ」会員数が10万人を達成。
10月 ・インターナビ車線別情報を実用化。(自動車メーカーとして世界初)
・インターナビ・ウェザーを実用化。(カーナビ連動型として世界初)
12月 「インターナビ・プレミアムクラブ」対応のディーラーオプション用ナビゲーションを(株)ホンダアクセスより発売。
2005年 3月 「インターナビ・プレミアムクラブ」会員数が20万人を達成。
5月
Bluetoothに対応し、「ルート状況タイムリー配信」を採用した新型インターナビシステムを発表。
会員向け「出発時刻アドバイザー」サービスを開始。(自動車メーカーとして世界初)
11月 「インターナビ・プレミアムクラブ」会員数が30万人を達成。
2006年 2月 ・インターナビ専用のデータ通信定額サービスを開始。(月額利用料:1,050円)
・「ネットKADEN2005」にて「優秀賞」を受賞。
3月 ・フローティングカーデータが累積走行距離1億キロを達成。
・日本で初めてGoogle EarthTMを利用し、フローティングカー情報の公開を開始。
7月 「インターナビ・プレミアムクラブ」会員数が40万人を達成。
11月 インターナビを活用した企業向け安全運転管理支援システム「internaviBiz」を発表。
12月 インターナビを活用した車上ねらいなどの情報提供の試験運用を開始。
2007年 1月 フローティングカーデータが累積走行距離2億キロを達成。
2月 通信カーナビ初の二段階定額制データ通信サービスを導入。
3月 「インターナビ・プレミアムクラブ」会員数が50万人を達成。
6月 「インターナビ・プレミアムクラブ」対応のディーラーオプションナビをモデルチェンジし発売。
7月
「主要道リアルタイム地図更新」を発表。(道路開通とほぼ同時に地図更新が完了するシステムとして世界初)
インターナビ・ウェザーに「豪雨地点予測情報」を追加。(カーナビ連動型として世界初)
インターナビ・ウェザーに「地震情報」を追加。

「インターナビ・プレミアムクラブ」の主なサービス内容
インターナビ・プレミアムクラブに対応したナビゲーションシステム装着車オーナーのうち、入会希望者に対し、下記の情報提供およびサービスを通信費を除き無料で提供。
*車種によって一部サービス適用内容が異なる場合があります

インターナビVICS情報
従来のVICSシステムでは入手できない遠方の目的地までの必要な交通情報を、携帯電話や専用通信カードを利用してインターナビ情報センターのサーバーから取得することで、いつでも全国どこからでも目的地への最短時間ルートを案内。

インターナビ・フローティングカーシステム(2003年9月 自動車メーカーとして世界で初めて実用化)
VICS情報が提供されていない道路を会員の車が走行した際の走行状況を収集し、VICSとあわせてよりきめ細かい情報を提供。

渋滞予測情報(2003年10月 自動車メーカーとして世界で初めて実用化)
最新VICS情報および、インターナビ情報センターに蓄積された過去のVICS情報データをもとに交通状況の変化を高精度に予測し、渋滞状況の変化まで見越した最適なルート案内と、より精度の高い到着予想時刻を提供。

車線別情報(2004年10月 自動車メーカーとして世界で初めて実用化)
会員メンバーの走行データを活用し、分岐後の進路方向により異なる車線別の所用時間を車線別情報としてナビに伝え、どちらの車線がよりスムーズに流れているかを把握し、より精度の高い到着予測時刻と効率的なルートを案内。

インターナビ・ウェザー(2004年10月 カーナビ連動型として世界初)
目的地をセットすると交通情報とあわせてドライブに必要な降雨・降雪などの気象情報と地震情報をリアルタイムで取得し地図上に表示。警報・注意報については文字表示のほか音声案内も行うなど、ドライバーの安全・安心をきめ細かくサポートする。

出発時刻アドバイザー(2005年5月 自動車メーカーとして世界で初めて実用化)
希望する時刻に到着するための出発時刻とルートを予想し、会員専用のパーソナル・ホームページ上で提供。また、事故など交通状況に大きな変化があった場合は、登録したアドレスにメールでお知らせする。

最新地図データへの無償更新サービス
所定の時期に1回、無償で全地図データを更新。

会員専用のパーソナル・ホームページサービス
インターネットを介して、カーナビとパソコン、携帯電話を連携させ、各種ドライブ情報や、実際の走行距離と連動したカーケア情報を提供。

駐車場セレクト
クルマのサイズにあわせ、入れる駐車場だけを自動セレクトして案内。また、料金/目的地までの距離/満空情報などの条件も設定でき、絞り込んで自分の希望に合った駐車場を案内する。

愛車メンテナンス情報
パーツ・消耗品の適切な交換時期、車検、免許・保険などの更新時期が近づくと、メールやパーソナル・ホームページでお知らせする。

その他、有料オプションサービスとして

QQコール
カーナビ画面からハンズフリー電話で接続し、日本全国24時間365日、緊急時やクルマの使用方法などの問い合わせに対しHondaのトレーニングを受けたオペレータが対応するカスタマーケアサービス。
・入会金2,100円(税込み)  年会費4,200円(税込み)
・レジェンドは3年間標準付帯

サービスの詳細については、下記インターナビ・プレミアムクラブwebサイトでご覧いただけます。
URL:http://www.premium-club.jp/

*VICSは財団法人道路交通情報通信システムセンターの登録商標です
*インターナビは本田技研工業株式会社の登録商標です

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

プレスルームへ プレスインフォメーションへ