プレスインフォメーションへ
2007年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2007年のニュースへ
Press Information 2007
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
四輪製品ニュース
2007年7月4日
世界初※1の「主要道リアルタイム地図更新」を発表

 Hondaは、新規開通した主要道路を、世界で初めて即時にナビゲーションシステムのルート誘導に反映できる「主要道リアルタイム地図更新」を開発した。本年秋に発売する新型フィットに搭載の新型HDDインターナビシステムから順次展開する。

 「主要道リアルタイム地図更新」は、携帯電話通信により、目的地までのルート周辺に新規に開通した主要道路を、数分で地図データに反映することが可能。開通後すぐに新しい道路データを使った最適なルート誘導を可能とした。

 この技術は、新規に開通した道路を含む地図データと元のデータを比較して、変化のあった差分データのみを抽出※2することでデータサイズを小さく抑え、携帯電話通信を用いた配信を可能にした。また、ナビゲーションシステム内では、受信したデータを小さな単位ごとに更新できるため、数分程度で新規開通道路を地図に反映することができる。

 また、この技術を「インターナビ・プレミアムクラブ」の特長である「地図データ無償更新」にも用い、DVD-ROMでHDD内の全地図更新用の差分データを供給することができる。さらに、自車の位置や目的地までのルート周辺を優先的に更新し、その後、バックグラウンドで全国の地図データを自動で更新する仕組みとした。これにより、従来のようなHDDの取り外しや預かりが不要となり、約30分程度※3で新しい地図の使用が可能となるため、ナビゲーションシステムが利用できない時間を大幅に削減できる。
※1 道路開通とほぼ同時に地図更新が完了するシステムとして世界初
※2 (株)エムビーエイとの共同開発((株)エムビーエイはアルパイン(株)、(株)ゼンリンと本田技研工業(株)の合弁会社)
※3 差分データをナビゲーション本体へコピーするのに要するナビゲーション停止時間

「主要道リアルタイム地図更新」 更新前 「主要道リアルタイム地図更新」 更新後
「主要道リアルタイム地図更新」 更新前 「主要道リアルタイム地図更新」 更新後
*画面のデザインは量産のものとは異なる場合があります


お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

プレスルームへ プレスインフォメーションへ