プレスインフォメーションへ
2006年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2006年のニュースへ
Press Information 2006
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
企業ニュース
2006年3月29日
Hondaのインターナビ・フローティングカーデータが累積走行距離1億キロを達成
〜日本で初めてGoogle Earth
TMを利用し、フローティングカー情報の公開を開始

 Hondaの「インターナビ・プレミアムクラブ」が提供するサービス、インターナビ・フローティングカーシステムが収集した累積走行距離が、3月中旬に地球約2,500周分にあたる1億キロとなった。2003年9月に自動車メーカーとして世界で初めてフローティングカーシステムを実用化して以来、約2年半での達成となる。また、インターナビ・フローティングカーシステムが収集した交通情報を、日本で初めて「Google EarthTM」を利用して、本日3月29日より公開する。

 インターナビ・フローティングカーシステムは、「インターナビ・プレミアムクラブ」会員が走行した区間の所要時間データを、インターナビ情報センターへ通信して蓄積し、会員間で活用するシステム。このフローティングカー情報を、通常のVICSとあわせて配信するインターナビVICSは、通常のVICSの約8倍にあたる33万キロの道路情報をカバーすることが可能である。さらに、インターナビVICS情報には、直前までの交通状況変化をもとにしたリアルタイムの渋滞予測データも含むため、より早く到着するための最適ルートや、より精度の高い到着予想時刻の提供を実現している。
 また、今後はフローティングカー対象区間をVICS対象道路へも適用拡大することによって、より広範囲での統合的な交通情報の提供を図っていく。

[Google EarthTMを利用した、フローティングカー情報の公開について]
 「Google EarthTM」とは、米Google Inc.が提供する世界の衛星画像などを表示できるソフト。ユーザーは「Google EarthTM」をあらかじめインストールしたパソコン上で、インターナビ・プレミアムクラブwebサイトにて提供するフローティングカーシステムの情報を表示することができ、3D表示、傾き表示など自由な閲覧が可能となっている。交通情報は「順調(青色)」「混雑(オレンジ色)」「渋滞(赤色)」の3色で表示される。当初、東京、名古屋、大阪の中心部から20km四方の範囲で情報提供をスタートし、順次全国に拡大する。情報は、インターナビ・プレミアムクラブwebサイトにて、誰でも無料で閲覧可能であり、インターナビ・フローティングカーシステムが、通常のVICS情報では網羅されていない道路の交通情報を収集し、提供している状況が確認できる。

 「インターナビ・プレミアムクラブ」は、フローティングカーシステムをはじめとするHonda独自の交通情報によって、より早く的確なルートの提供を、今後も目指していく。

◆インターナビ・プレミアムクラブ webサイト http://premium-club.jp/PR/

「Google Earth(TM)」を利用したフローティングカー情報表示状況
「Google EarthTM」を利用したフローティングカー情報表示状況

<フローティングカー累積走行距離1億キロ達成までの推移>
・2003年9月 :自動車メーカーとして世界初のフローティングカーシステムを実用化。
・2005年3月 :累積走行距離 3,000万km (会員20万人)
・2005年7月 :累積走行距離 5,000万km (会員25万人)
・2005年11月 :累積走行距離 7,500万km (会員30万人)
・2006年3月 :累積走行距離 1億km (会員35万人)

<フローティングカーシステムによる情報提供状況>
通常のVICSでは案内されない道の渋滞状況も、メンバーの車が走行した際の所要時間情報がある場合はナビに反映され(右図:点線で表示)、より早く到着できるためのルート(黄緑色実線で表示)を案内する。

VICS情報提供状況 インターナビ・フローティングカーシステム情報提供状況
VICS情報提供状況 インターナビ・フローティングカーシステム情報提供状況

フローティングカーシステム概念図
フローティングカーシステム概念図


*VICSは財団法人道路交通情報通信システムセンターの登録商標です。
*Google EarthTMはGoogle Inc.の登録商標です。
*インターナビは本田技研工業株式会社の登録商標です。
プレスルームへ プレスインフォメーションへ