プレスインフォメーションへ
2006年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2006年のニュースへ
Press Information 2006
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
四輪製品ニュース
2006年10月3日
「シビック TYPE R プロトタイプ」が
2006 F1日本グランプリレースのオフィシャルカーとして採用

<ご参考>
 Hondaは、シビックのスポーツモデル「シビック TYPE R」(4ドア)のプロトタイプが、鈴鹿サーキット(三重県)で開催される「2006 F1日本グランプリレース」において、開催期間中(2006年10月6日〜8日)、オフィシャルカーとして採用されることを発表した。なお、量産モデルは、来春、国内での発売に向け開発を進めている。

 「シビック TYPE R プロトタイプ」(4ドア)は、2.0L DOHC i-VTECエンジン(220馬力以上)を搭載し、スポーツ・セッティングを施したサスペンションなどにより、高い運動性能を実現するとともに、ダイナミックで精悍なスタイリングとしている。

 このプロトタイプは、F1日本グランプリレース開催期間中、オフィシャルカー(レッドフラッグカー)として活躍する他、鈴鹿サーキットのHondaブースにおいても展示する。

【シビック TYPE R プロトタイプ(4ドア)の諸元】
エンジン 2.0L DOHC i-VTECエンジン/最高出力:220馬力以上
寸法 全長4,540mm×全幅1,771mm×全高1,425mm

シビック TYPE R プロトタイプ(4ドア) F1日本GPオフィシャルカー仕様車
シビック TYPE R プロトタイプ(4ドア)
F1日本GPオフィシャルカー仕様車

プレスルームへ プレスインフォメーションへ