プレスインフォメーションへ
2006年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2006年のニュースへ
Press Information 2006
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
二輪製品ニュース
2006年3月22日
軽二輪スクーター「フォルツァ」シリーズをモデルチェンジして発売

 Hondaは、電子制御技術を採用した“Honda Sマチック”や“Hondaスマートカードキーシステム”などの利便性の高い機能と、スポーティーなスタイリングで好評を得ている「フォルツァ」シリーズをモデルチェンジ。“Honda Sマチック”を搭載した「フォルツァ Z」3月27日(月)より、ベースモデルの「フォルツァ X」と前・後連動ABSを搭載した「フォルツァ Z ABS」5月22日(月)より発売する。

 「フォルツァ」シリーズは、2004年のモデルチェンジ以来、好評な販売を続け、2005年1月〜12月の届出台数は20,575台※1を記録した。今回は、従来モデルの基本デザインと基本性能は継承しながら、“快適パッケージングと快適ファンライドの進化”をキーワードとして開発。よりスポーティーなスタイルと操る楽しさを充実させたモデルとしている。
 デザインは、フロント部分のメーターバイザーとガーニッシュ、ヘッドライトの形状を変更。カウルの面積を減少させることにより、スポーティーなフロントビューとしている。またリアカウルにビルトインされた左右テールランプユニットをクリアレンズに変更し、内部のストップランプとウインカーランプのデザインも丸型に変更するとともにLED(片側9個のLED)を採用。後方からの被視認性を高めるとともに、精悍なリアビューとしている。
 「フォルツァ Z」と「フォルツァ Z ABS」に搭載の“Honda Sマチック”は、6速のマニュアルシフトモードを7速に変更。また、新たに“キックダウン機構”と、二輪製品としては世界初※2の“オートシフトモード”を採用することで、走行条件に応じた繊細で最適な走行フィーリングを可能としている。
 カラーリングは、「フォルツァ X」に好評のピュアブラックと鮮やかなパールミルキーホワイトの2色。「フォルツァ Z」にはピュアブラックとパールミルキーホワイトに加え、限定車「フォルツァ Z スペシャル」で好評のウイニングレッドと高級感あふれるデジタルシルバーメタリックの4色を設定している。また、「フォルツァ Z ABS」では、ピュアブラックとデジタルシルバーメタリックの2色を設定している。
※1、※2・・・Honda調べ

フォルツァ Z
フォルツァ Z

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 20,000台
メーカー希望小売価格
フォルツァ X 609,000円(消費税抜き本体価格 580,000円)
フォルツァ Z 640,500円(消費税抜き本体価格 610,000円)
フォルツァ Z ABS 703,500円(消費税抜き本体価格 670,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

=フォルツァの主な変更点=

Honda Sマチック
 「フォルツァ Z」と「フォルツァ Z ABS」では、軽二輪スクーターとしては世界初となる“Honda Sマチック”を採用し、オートマチックでありながらマニュアルミッション車なみの走行性能と操る楽しさが多くの支持を得ている。この“Honda Sマチック”にはオートマチックモードとして“Sモード”と“Dモード”の2モードがあり、“6速マニュアルモード”を加えた3モードの中から、走行状態に応じて選択を可能としている。
 今回、「フォルツァ Z」と「フォルツァ Z ABS」に搭載している“Honda Sマチック”は、新たに“オートシフトモード”を二輪製品としては世界で初めて採用。これにより、これまでの3モード(Sモード、Dモード、マニュアルモード)と併せ4モードからの選択を可能としている。またオートシフトモードでは“キックダウン機構”を採用するとともに、変速レシオを7速化することで、走行条件に応じた繊細で最適な走行フィーリングを可能としている。

変速レシオの7速化
 変速レシオは従来モデルよりもハイレシオ化した7速のレシオを設定している。従来モデルと同じ車速で走行した場合、より低いエンジン回転域での走行を実現。これにより、エンジンの静粛性と実質的な低燃費化を実現している。

オートシフトモード
 オートシフトモードは、従来モデルで市街地向け設定とされた“Dモード”や郊外向きの“Sモード”、ワインディング路向きの“マニュアルモード”の3つのモードの秀でた変速特性を兼ね備えている。機構的には「スロットル開度」「車速」「エンジン回転数」「プーリー位置」「ドリブンプーリー回転数」「FIモード信号」「モード・チェンジ信号」を判断要素として、“レシオコントロールユニット”に情報を集約。走行環境に合わせた最適なレシオを自動で選択し、スムーズで最適な加減速を実現し、スロットル操作とブレーキングに集中できる環境を整えている。また、走行時のシフトフィーリングは、敢えて滑らかな変速特性とせず、シフトアップ時にエンジン回転数を下げることにより、シフトチェンジと加速感を直接体感できるよう設定。さらに、スロットル開度によって、走行時と変速時のエンジン回転数を選択するため、一定のエンジン回転数での走行を可能としている。

キックダウン機構
 キックダウン機構は、走行中に瞬時にアクセル開度を大きくすることにより、“レシオコントロールユニット”の判断により速度を変えることなくシフトダウンを実施し、高回転域での力強い加速を実現。この機能により、高速道路に進入する際やコーナリング後に、力強くスムーズな加速を可能としている。

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


主要諸元

通称名 フォルツァ X フォルツァ Z フォルツァ Z ABS
車名・型式 ホンダ・BA-MF08
全長×全幅×全高(m) 2.165×0.760×1.180 2.165×0.755×1.180
軸距(m) 1.545
最低地上高(m) 0.140
シート高(m) 0.710
車両重量(kg) 187 190 196
乾燥重量(kg) 173 176 182
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L) 41.0 43.0
(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式・種類 MF08E・水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3 249
内径×行程(mm) 72.7×60.0
圧縮比 10.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 16[22]/7,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 24[2.4]/5,500
始動方式 セルフ式
キャブレター形式 PGM-FI(電子制御燃料噴射式)
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L) 12
潤滑方式 圧送飛沫併用式
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式
(Vマチック)
無段変速式(Vマチック)
電子式マニュアルモード付
変速比 1 速 2.450〜0.830 2.600〜0.800
キャスター(度)/トレール(mm) 27°30´/93
タイヤサイズ 110/90-13M/C 55P
130/70-12 56L
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
ユニット・スイング式
フレーム形式 バックボーン

関連情報 二輪製品のページへ FACT BOOKのページへ

プレスルームへ プレスインフォメーションへ