プレスインフォメーションへ
2005年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2005年のニュースへ
Press Information 2005
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
四輪製品ニュース
2005年7月12日
本格的スポーツモデルNSXの生産を終了
―後継モデルとなる新たなスポーツカーを開発中―

 Hondaは、本格的スポーツモデルとして好評を博してきたNSXの生産を、2005年12月末をもって終了する。また、NSX後継モデルに関しては、Hondaの最新技術を採用した新たなスポーツカーとして、現在開発を進めている。

 NSXは、1990年に量産車として世界初のオールアルミ・モノコックボディを採用した、本格的ミッドシップ・スポーツカーとして発売された。その後、排気量アップ、6速MTの採用、空力性能の向上、タイヤサイズの変更など運動性能を向上させ、また、オープントップモデル「NSXタイプT」や運動性能をより際立たせたピュアスポーツモデル「NSXタイプR」を設定するなど、進化を続けてきた。さらに、本格的スポーツカーとしていち早く排出ガスのクリーン化に対応するなど、運動性能と両立させた高い環境性能も実現してきた。その結果、約15年間で全世界累計18千台以上販売されている。

 生産終了後も、NSXをメインテナンスし、ベストコンディションを維持させるリフレッシュプラン、運転技術向上を目的としたNSXオーナーズミーティングなどに関しては継続させていくことで、ユーザーの皆様が今後もNSXを愛用できる環境づくりに取り組んでいく。

 なお、北米向けは12月末、欧州向けは9月末での生産終了を予定している。
※ 2005年6月末現在

NSX
NSX

<NSXの主な歴史>
1989年 2月 シカゴ オートショーにてミッドシップ スポーツカーのプロトタイプ「NS-X」を発表。
10月 東京モーターショーに「NS-X」を出展。
1990年 8月 アメリカにてアキュラNSXを販売開始。
9月 日本にてNSXを発表。
1991年 オーナーの運転スキルアップを目指すNSXオーナーズミーティング発足。
1992年 1月 好みに応じて内装や専用外装色を選べる「カスタムオーダープラン」を創設。以降順次適用内容を拡大。
11月 ピュアスポーツモデル NSXタイプRを追加。
1993年 2月 マイナーモデルチェンジ(助手席SRSエアバッグ採用など装備の充実)。
同年 走行を重ねたNSXをメインテナンスする「リフレッシュプラン」を創設。
1994年 2月 マイナーモデルチェンジ(前16/後17インチタイヤ、強化ブレーキパッド採用)。
1995年 3月 マイナーモデルチェンジ(電子制御スロットルDBW、マニュアル感覚のAT Fマチック採用、オープントップモデル NSXタイプTを追加)。
1997年 2月 マイナーモデルチェンジ(MTモデルのエンジンを3.2L化、6速MT採用、NSXタイプSを追加)。
1999年 9月 マイナーモデルチェンジ(低排出ガス化、装備の充実)。
2001年 12月 マイナーモデルチェンジ(エクステリアデザイン変更、前後17インチタイヤ採用)。
2002年 5月 新型NSXタイプRを追加。
2003年 10月 マイナーモデルチェンジ(イモビライザーの追加、新色追加)。

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。
プレスルームへ プレスインフォメーションへ