プレスインフォメーションへ
2005年ニュースインデックスへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ
2005年のニュースへ
Press Information 2005
企業 四輪製品 二輪製品 汎用製品 その他 四輪車 生産・販売・輸出実績
四輪製品ニュース
2005年5月26日
ステップワゴンをフルモデルチェンジし発売

 Hondaは、徹底した低床・低重心化によって扱いやすいボディサイズとゆとりの室内空間、セダン感覚の走行性能と乗り心地の実現に加え、乗用ミニバン初のフローリングフロアなど新たな価値を提案する新型ステップワゴンを、5月27日に全国のHonda四輪全ディーラーから発売する。

 3代目となる新型ステップワゴンは、「ユーティリティ・ミニバンの空間のゆとり」と「セダンの走りの質」を高い次元で併せ持つという、次世代のユーティリティ価値(Nextユーティリティ)をミニバンにおいて実現することを目指し、「使って、過ごして、走って楽しい“FUN-derful Mover(ファンダフル・ムーバー)”」をコンセプトに開発された。

Honda独自の低床・低重心プラットフォームの採用により、従来同等の室内高を保ったまま60mm※1の低床化、40mm※1の低重心化を達成。さらに75mm※1の低全高化、全長の45mm短縮などを図ることで、ゆとりの室内空間を持たせながらボディサイズをコンパクト化し、運転時の扱いやすさを向上させた。また低重心化によって運動性能も向上し、セダン感覚のハンドリングや走行安定性、乗り心地を実現。日常のさまざまなシーンで使いやすいパッケージングとしている。

その他、リビングルームのくつろぎ感と快適空間を演出する、乗用ミニバン初のフローリングフロアや、やわらかな自然光を室内に取り込むトップライトルーフ、多彩なシートアレンジなど、次世代のユーティリティ・ミニバンとしての新たな価値を提案している。
※1 従来モデル(FF)比 Honda測定値

ステップワゴン G(FF)
ステップワゴン G(FF)

販売計画台数(国内・月間) 8,000台

全国メーカー希望小売価格 ◎印は写真掲載タイプ
タイプ エンジン トランスミッション 駆動 消費税込み (消費税抜き)  
B 2.0L
DOHC i-VTEC
4AT FF 1,995,000円 (1,900,000円)  
4WD 2,257,500円 (2,150,000円)  
G FF 2,079,000円 (1,980,000円)
4WD 2,341,500円 (2,230,000円)  
G
Lパッケージ
FF 2,173,500円 (2,070,000円)  
4WD 2,436,000円 (2,320,000円)  
G
Sパッケージ
FF 2,278,500円 (2,170,000円)  
4WD 2,541,000円 (2,420,000円)  
G
LSパッケージ
FF 2,362,500円 (2,250,000円)  
4WD 2,625,000円 (2,500,000円)  
G
サイドリフトアップ
シート車
FF 非課税 (2,498,000円)  
4WD 非課税 (2,718,000円)  
G
助手席リフトアップ
シート車
FF 非課税 (2,498,000円)  
4WD 非課税 (2,718,000円)  
24Z 2.4L
DOHC i-VTEC
CVT+7スピードモード FF 2,551,500円 (2,430,000円)  
5AT 4WD 2,814,000円 (2,680,000円)  
価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない
自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)及び資金管理料金の合計金額
プレミアムホワイト・パールは31,500円(消費税抜き30,000円)高
G・助手席リフトアップシート車は装置型式指定車

ボディカラー(新色2色を含め全9色)
(B、G、G・Lパッケージ、Gサイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車専用色) スカイミスト・メタリック(新色)
(G・S/LSパッケージ、24Z専用色) ムーンライズ・メタリック(新色)
(全タイプ適用色) サテンシルバー・メタリック、プレミアムホワイト・パール、デザートミストメタリック、ミラノレッド、
アークティックブルー・パール、ブラックアメジスト・パール、ナイトホークブラック・パール

インテリアカラー(全4色)
(B)シックグレー (G、G・Lパッケージ)シックグレー、ナチュラルアイボリー、ポップオレンジ
(G・Sパッケージ)ナチュラルアイボリー、クールブラック
(G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車)ナチュラルアイボリー
(G・LSパッケージ、24Z)シックグレー、ナチュラルアイボリー、クールブラック、ポップオレンジ

パッケージ別装備内容
G・Lパッケージ ●パワースライドドア(リア左側) ●親水/ヒーテッドドアミラー ●フロントドア撥水ガラス ●セキュリティアラーム ●運転席シートハイトアジャスター ●1列目シートバックポケット(運転席) ●室内確認用ミラー付サングラスボックス ●スライドドア・カーテシランプ(リア両側) ●リアスピーカー(左右)
G・Sパッケージ ●フロントロアスカート/リアロアスカート ●テールゲートスポイラー ●ディスチャージヘッドライト<HID>ダーククローム調サブリフレクター ●ダーククローム調メッキ(フロントグリル/アウタードアハンドル/リアライセンスガーニッシュ) ●フォグライト ●ドアミラーウインカー ●スライドドア・カーテシランプ(リア両側) ●渦巻きダブルホーン ●リアスピーカー(左右)
G・LSパッケージ ●パワースライドドア(リア左側) ●フロントロアスカート/リアロアスカート ●テールゲートスポイラー ●ディスチャージヘッドライト<HID>ダーククローム調サブリフレクター ●ダーククローム調メッキ(フロントグリル/アウタードアハンドル/リアライセンスガーニッシュ)  ●フォグライト ●ドアミラーウインカー ●親水/ヒーテッドドアミラー ●フロントドア撥水ガラス ●セキュリティアラーム ●運転席シートハイトアジャスター ●1列目シートバックポケット(運転席) ●室内確認用ミラー付サングラスボックス ●スライドドア・カーテシランプ(リア両側) ●渦巻きダブルホーン ●リアスピーカー(左右)
※ IHCCを装着した場合はクローム調となる

主なメーカーオプション(価格表示のカッコ内は消費税抜き価格)
オプション名称 設定タイプ 価格
1列目シート用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)+サイドカーテンエアバッグシステム(1〜3列目シート対応) B、G、G・L/S/LSパッケージ、G・サイドリフトアップシート車、24Z 147,000円(140,000円)
VSA(ABS+TCS+横すべり抑制) G、G・L/S/LSパッケージ、24Z 73,500円(70,000円)
IHCC<インテリジェント・ハイウェイ・クルーズコントロール>+追突軽減ブレーキ<CMS>+E-プリテンショナー(運転席/助手席) G・L/S/LSパッケージ、24Z 262,500円(250,000円)
ディスチャージヘッドライト<HID>(ロービーム/オートレベリング機構付) G・Lパッケージ 42,000円(40,000円)
G、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車に設定(G・S/LSパッケージ、24Zに標準装備) 63,000円(60,000円)
Honda HDDインターナビシステム+プログレッシブコマンダー<リアカメラ付>(8インチワイドディスプレイ、TV/AM/FMチューナー付DVD/CDプレーヤー+6スピーカー) G、G・L/S/LSパッケージ、24Z 346,500円(330,000円)
G・サイドリフトアップシート車、助手席リフトアップシート車 非課税(290,000円)
リアエンターテインメントシステム
(9インチワイドディスプレイ)
G、G・L/S/LSパッケージ、24Z 105,000円(100,000円)
AM/FMチューナー付MD/CDプレーヤー
+6スピーカー
G、G・L/S/LSパッケージ、24Zに設定(G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車に標準装備) 42,000円(40,000円)
パワースライドドア(タッチセンサー/挟み込み防止機構付、リモコン&運転席スイッチ開閉式) リア左側 G・Sパッケージに設定(G・L/LSパッケージ、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車に標準装備) 52,500円(50,000円)
リア右側 G・L/S/LSパッケージ、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車 52,500円(50,000円)
リア両側 24Z 105,000円(100,000円)
パワーテールゲート(タッチセンサー/挟み込み防止機構/イージークローザー付、リモコン&運転席スイッチ開閉式)G・L/LSパッケージ、24Z 63,000円(60,000円)
トップライトルーフG、G・L/S/LSパッケージ、24Z 94,500円(90,000円)
フローリングフロアG/G・L/S/LSパッケージ/24ZのFF 52,500円(50,000円)
2列目回転機構付6:4分割チップアップ&スライドシート(センターアームレスト<カップホルダー付>)G・L/S/LSパッケージ、24Z 73,500円(70,000円)
16インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ
(205/60R16 92H)
G、G・Lパッケージ、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車 84,000円(80,000円)
G・S/LSパッケージ(24Zに標準装備) 52,500円(50,000円)
「CMS+E-プリテンショナー」、「IHCC」を装着した場合、「VSA」が同時装着となる
「VSA」を装着した場合、「16インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ」が同時装着となる
「リアエンターテインメントシステム」は、「Honda HDDインターナビシステム」を装着した場合に装着可能となる
メーカーオプションは組み合わせによっては同時装着できない場合、または他の複数のメーカーオプションとセット装着となる場合がある
G・サイドリフトアップシート車、G・助手席リフトアップシート車はメーカーオプションについても消費税非課税となる

「ステップワゴン」の主な特長

<パッケージ&ユーティリティ>
広い空間、運転のしやすさ、セダン感覚の走りを実現するために、Honda独自の低床・低重心プラットフォームをステップワゴン専用に新開発。徹底した低床設計により、従来モデルと同等の室内高1,350mmを確保しながら、全高を75mm※2低減。またエンジンルームのコンパクト化などによりさらなるショートノーズ化を図り、従来モデルと同等の室内長2,800mm※3を確保しながら全長を45mm※2短縮。ゆとりの室内空間と扱いやすいボディサイズを両立した。
ミニバントップレベルの低床となる390mm※4の2列目床面地上高を実現。しかもステップに段差を設けないワンステップフロアとすることで、お子様やお年寄りでも乗り降りしやすく、また2列目シートの足元スペースを広くとることも可能としている。
快適に座れるシート本来の機能を高めながら、乗車人数や荷物量に応じて簡単にアレンジできる2列目/3列目シートを採用。2列目シートにはワンアクションで簡単に折り畳めるタンブルシートを標準装備。さらに対座モードも楽しめる回転機構付6:4分割チップアップ&スライドシートをメーカーオプションで設定※5。また3列目シートは軽量化を図ることで、格納時の扱いやすさを向上させている。
2列目/3列目シートを格納することによって、荷室長で最大1,675mm※4(タンブルシート)、荷室容量で最大1,541L※6(タンブルシート)の大容量ラゲッジスペースを実現。
インパネ上部に大容量のリッド付収納を2つ設け、またグローブボックス容量も従来モデルの2倍に増やすなど、身の回りの小物をすっきりしまえる収納スペースを1列目から3列目まで随所に設置し、使い勝手を高めている。
高さを抑えたメーターやフラットブレードワイパー、大型の三角窓の採用、またフロントピラー断面形状や3列目ヘッドレスト形状、ドアミラー取り付け位置の最適化など、細部にわたり調整することで死角が少なく運転がしやすい視界を獲得。
適切なステアリングポジションに設定可能なチルト&テレスコピックステアリングを全タイプに標準装備。
従来モデルに比べホイールベースの延長やワイドタイヤを採用していながら、クラス※7トップの最小回転半径5.3mを全タイプで達成。
※2 従来モデル(FF)比 Honda測定値 ※3 Honda HDDインターナビシステム装着車。非装着車は2,775mm
※4 FF車 Honda測定値 ※5 G・L/S/LSパッケージ、24Zにメーカーオプション
※6 VDA方式によるHonda測定値 ※7 2.0L以上5ナンバーサイズミニバンクラス

<デザイン>
エクステリアデザイン
8人がゆったり乗れる豊かな室内空間と、乗用車としての走りのよさを表現した、軽快かつ躍動感のあるスタイリングを創造。
アッパーボディは後方にむけて絞り込んだ空気抵抗の少ない流線型に、ロアボディは下回りの風を整流するためにスクエアな形状とし、その境界をダイナミックなキャラクターラインで明確に分けることで独自のフォルムを実現。
フロントバンパーなどを、なめらかな面で構成し、3次元形状の大型ヘッドライト、押し出しの強いフロントグリルと組み合わせることで、乗用車らしい立体的な面構成を実現した存在感のあるフロントビュー。
切り詰められたノーズとロングホイールベースにより室内空間の豊かさを感じさせるとともに、後方にむかって幅が広がりハイライト部分が際立つ、立体的なキャラクターラインが走りのよさを感じさせるサイドビュー。
室内空間の広さを感じさせるスクエアな形状と、低重心なワイドスタンスを強調する横基調デザインのリアコンビネーションランプにより、存在感を主張するリアビュー。
前後ロアスカートやテールゲートスポイラー、ダーククローム調ヘッドライトサブリクレクターなどの採用によって、低重心やプレミアム感をさらに強調した、スポーティモデル専用のエクステリアを設定※8
※8 G・S/LSパッケージ、24Zに設定

インテリアデザイン
誰にとっても居心地のよいリビングルームのくつろぎ感と快適空間の演出を取り入れた、提案性に富んだインテリアを創造。
2列目、3列目に乗用ミニバン初自動車用フローリングフロアを設定※9。インテリアカラーにあわせてナチュラルとブラウンの2色が用意されたフローリング調のフロアが、リビングルームのように居心地がよい空間を演出している。
室内全体にやわらかな光を取り込む、長さ1,680mm※10、幅500mm※10の大型のトップライトルーフを設定※11。白色の合わせガラスにより日差しをやわらげながら室内を明るく照らし、リラックスした空間を演出している。6分割サンシェイドにより各席で好みに応じて採光を調節することも可能。
大型でゆったりと座れ、しかもやわらかく厚みがあるソファ感覚の2列目シートを採用。クッションの厚みやフレーム幅を見直すことで、しっかりと体をサポートしながらも快適な座り心地を実現している。
居心地のよい空間を表現するために、シート表皮の質感や風合いまでそれぞれカラーとトータルにコーディネイトしたインテリアを採用。「ナチュラルアイボリー」「ポップオレンジ」「シックグレー」「クールブラック」の4つのスタイルを用意している。
※9 G(G・L/S/LSパッケージ)/24ZのFFにメーカーオプション ※10 外寸。Honda測定値
※11 G、G・L/S/LSパッケージ、24Zにメーカーオプション

<パワートレイン>
エンジン
Honda独創のVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)に加え、吸気バルブタイミングの位相をエンジン負荷に応じて連続的に制御するVTC(可変バルブタイミング・コントロール機構)を組み合わせ、低燃費と優れたクリーン性能を実現するDOHC i-VTECエンジンを採用。低速域からスムーズな力強さを発揮する「2.0L DOHC i-VTECエンジン」と、全域トルクフルな走りの「2.4L DOHC i-VTECエンジン」の2種類を設定。
2.0L DOHC i-VTECエンジン 最高出力114kW(155PS)/最大トルク188N・m(19.2kg・m)※12
2.4L DOHC i-VTECエンジン 最高出力119kW(162PS)/最大トルク218N・m(22.2kg・m)※13
アクセルペダル操作をセンサーで感知し、スロットルバルブを電子制御することで自然でリニアなアクセルフィールを生み出すDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用。トランスミッションやTCS(トラクションコントロールシステム)との協調制御により、よりスムーズで扱いやすい特性や低燃費を実現している。
※12 ネット値(B、G、G・L/S/LSパッケージ、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車)
※13 ネット値(24Z)

トランスミッション
24ZのFFにトルクコンバーターによる力強い発進特性と、CVT(無段変速機)ならではのなめらかな加速特性により、全域にわたってハイレスポンスな走りを実現するトルクコンバーター付CVTを採用。また、ステアリングホイールに備えられたパドルシフトによりマニュアル感覚のシフト操作が楽しめる7スピードモードも装備。
エンジン特性を存分に引き出し力強い加速と低燃費を実現する、4速(B、G)および5速(24Z 4WD)のオートマチックトランスミッションを採用。
ドライバーの意思によってさらに低燃費な走行を選択できるECONモードを全タイプに設定。エンジン、トランスミッション、エアコンが協調しながら燃費を最適に制御し、違和感のない低燃費走行を可能にしている。

<シャシー&ボディ>
リアサスペンションや燃料タンクを新設計するなど低重心化を徹底した低床・低重心プラットフォームの採用によって、全高の高いユーティリティ・ミニバンにありがちなロールを低減。サスペンションセッティングの最適化や取り付け点剛性の強化などと合わせ高い操縦安定性と優れた乗り心地を実現。
低重心化や新設計サスペンションの採用、前後オーバーハングの短縮により、慣性モーメントを低減させるとともに、空力特性を向上させることで、高速走行時の直進安定性や特にミニバンでは影響を受けやすい横風に対する安定性を向上。
両側スライドドアやテールゲートなどの大開口を支える強固なボディ骨格構造とした上で、細部まで剛性アップを図ることでセダンレベルの操縦安定性と乗り心地を実現。
エンジン振動を抑える2次バランサーやインシュレーターの採用によるエンジンノイズ低減、防音材の最適化などによるロードノイズ低減を徹底することで、全ての席で会話が楽しめる高い静粛性を実現。

<先進装備>
高速道路での運転負荷を軽減する車速/車間制御機能 IHCC(インテリジェント・ハイウェイ・クルーズコントロール)を採用※14。フロントグリル内に設けたミリ波レーダーにより前走車との距離を測定するとともに、車速センサーやヨーレートセンサーによって自車の走行状態を検出。設定した速度を保つほか、同一車線の前走車の有無によって車速・車間を自動制御する。
Honda HDDインターナビシステム+プログレッシブコマンダーを採用※15。大容量HDDの圧倒的な情報量による多彩な機能、大画面8インチワイドディスプレイと集中操作が可能なプログレッシブコマンダーにより見やすさ、扱いやすさを備えたインターフェイスを実現している。また携帯電話とのワイヤレス接続を可能にするBluetooth※16に新対応するなど、情報通信機能もさらに充実。
※14 G・L/S/LSパッケージ、24Zにメーカーオプション
※15 G、G・L/S/LSパッケージ、G・サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車、24Zにメーカーオプション
※16 Bluetoothは、米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標

<安全性能>
車両挙動安定化制御システムのVSA(ABS+TCS+横すべり抑制)※17に加え、エンジントルク制御をDBWによる電子制御式スロットルコントロールとすることで、より高精度な挙動制御を可能とした。
ミリ波レーダーで前走車との距離や相対速度を検知し、追突の危険を警報(音・表示)や軽いブレーキングでドライバーに知らせ、さらに回避困難と判断した場合は強いブレーキ制御で、ドライバー自身のブレーキ操作との相乗効果でダメージ軽減を図る追突軽減ブレーキ(CMS)※18を採用。
CMSと連動し、作動するE-プリテンショナー(運転席/助手席)※18を採用。追突の危険性が高い場合にシートベルトを弱く引き込み、警告するとともに、回避困難と判断した場合は強く引き込むことで、拘束効果を高めている。
自己保護性能の向上とともに、相手車両への攻撃性も低減したコンパティビリティ対応ボディを採用。前方向からの衝撃に対し、アッパーフレームやロアメンバーにより衝突エネルギーを分散・吸収し、フロントピラーやフロアに拡散。この時、ロアメンバーが相手車両の衝撃吸収部材とのすれ違いを防ぎ、アッパーフレームとともに衝撃を、より広い面で受け止めることで、キャビンへの負荷を大幅に低減している。
万一の歩行者衝突時の傷害軽減に配慮した、頭部や脚部に対する衝撃吸収構造を持つ歩行者傷害軽減ボディを採用。
前席用i-サイドエアバッグシステム※19に加え、1列目から3列目までに対応したサイドカーテンエアバッグシステムを採用※19
※17 G、G・L/S/LSパッケージ、24Zにメーカーオプション
※18 CMSとE-プリテンショナーはG・L/S/LSパッケージ、24Zにセットでメーカーオプション
※19 前席用i-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグはB、G、G・L/S/LSパッケージ、24Zにメーカーオプション

<環境性能>
高精度な空燃比制御や高密度キャタライザーの採用によって、排出ガス中のNOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)などの有害物質を大幅に低減。全タイプで国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得している。
DOHC i-VTECエンジンの高効率な燃焼技術、トランスミッションとのきめ細やかな協調制御や軽量化などによって、2.0Lエンジンで13.2km/L※20(B/G/G・Lパッケージ FF車)、2.4Lエンジンで12.2km/L※20(24Z FF車)の低燃費を実現し、全タイプで「平成22年度燃費基準」に適合。さらにB/Gの4WD、G・S/LSパッケージ/サイドリフトアップシート車/助手席リフトアップシート車、24Zは「平成22年度燃費基準+5%レベル」を達成※21している。
内外装の樹脂部品からPVC(ポリ塩化ビニール)を積極的に削減することにより、クルマ全体でリサイクル可能率90%以上※22を実現。
鉛の使用量を1996年レベルの1/10以下に削減。また、六価クロムに関して使用全廃を目指し、フューエルフィラーパイプやブラケット類などでのメッキコーティング剤の使用を廃止。
※20 10・15モード走行燃費消費率(国土交通省審査値)
※21 B/G/G・LパッケージのFF車も、メーカーオプションの装着により「平成22年度燃費基準+5%レベル」達成となる場合がある
※22 Honda独自の算出基準による

<福祉車両>
スイッチひとつの簡単操作で回転から昇降までをフル電動で行えるシートを採用したサイドリフトアップシート車と助手席リフトアップシート車をGに設定。1列目シートと同等のロングドライブでも疲れにくい快適な座り心地を実現している。またサイドリフトアップシート車は型式認定を取得しており、“グリーン税制”の優遇措置を受けることが可能。

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

関連情報 四輪製品のページへ FACT BOOKのページへ
プレスルームへ プレスインフォメーションへ