プレスインフォメーションへ
2004年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2004年の目次へ

四輪製品ニュース
2004年12月20日
氷点下での始動が可能な燃料電池車「FCX」
北海道庁とリース販売で合意


 Hondaと北海道庁は、氷点下での始動を可能とした次世代型燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載した「FCX」を、北海道庁にリース販売することで合意した。納車は2005年1月末を予定している。また、これにあわせて冬期の走行実験を道庁に委託し、低温での始動性や走行性能、また水素供給などのデータ収集を行う。

 「Honda FC STACK」を搭載した「FCX」は、今月、国土交通大臣認定を取得し、2005年より寒冷地も含めた地域での販売を予定している。今回の第三者による走行により、冬期の様々な条件下での性能を実証することとなる。

 Hondaは、2002年12月以来、日米で地域を限定して「FCX」を販売してきた。「Honda FC STACK」を搭載した「FCX」により寒冷地での販売が可能となり、今月米国ニューヨーク州へ納車を行うなど、より多くの地域での燃料電池車の本格的普及に向けて開発を進めている。

 「Honda FC STACK」自体の高いエネルギー効率とその優れた作動特性や、水素や酸素の供給システムなど燃料電池システム全体の効率を大幅に向上したことにより、燃料の持つエネルギーをどれだけ駆動力に出来るかを示す駆動エネルギー効率は、ハイブリッド車の約2倍、ガソリン車の約3倍の55%※1を実現。航続走行距離は旧モデル※2と比較して355kmから430km※1と2割以上大幅に向上した。ウルトラキャパシタは、旧モデルと比較して1割以上エネルギー容量をアップ、駆動モーター出力は20kWアップし、加速性能も一段と向上させた。
※1LA-4モード走行時におけるHonda測定値
※22002年に販売開始したバラードスタック搭載「FCX」

Honda FC STACK搭載「FCX」
Honda FC STACK搭載「FCX」

<Honda FC STACK搭載 FCX 主要諸元>

乗車定員 4名
最高速度 150km/h
モーター 最高出力 80kW(109PS)
最大駆動トルク 272N・m(27.7kg・m)
種類 交流同期電動機(Honda製)
燃料電池スタック 形式 PEFC(固体高分子膜型)(Honda製)
出力 86kW
燃料 種類 圧縮水素ガス
貯蔵方式 高圧水素タンク(350気圧)
タンク容量 156.6L
寸法(全長×全幅×全高 mm) 4165×1760×1645
エネルギー貯蔵 ウルトラキャパシタ(Honda製)
航続走行距離 430km
※ LA-4モード走行時におけるHonda測定値

関連情報 FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ