プレスインフォメーションへ
2004年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2004年の目次へ

二輪製品ニュース
2004年8月24日
「Honda FC STACK」を搭載した燃料電池二輪車を開発

 Hondaは、四輪車で実績のある燃料電池技術を応用し、二輪車専用に軽量・コンパクトなHondaの燃料電池システム「Honda FC STACK」を搭載した燃料電池二輪車を開発した。

 氷点下での始動を可能とした高効率な次世代型燃料電池「Honda FC STACK」を、小型・軽量化するなど二輪車に最適なサイズに設計。四輪車で培ったノウハウを取り入れながら、更にシステムを小型化した二輪車専用燃料電池システムとしている。

 今回のモデルは、エンジンコミューターとして全世界で幅広い支持を得ている125ccスクーターをベースとし、EV駆動部を後輪スイングアームに集中配置して車体スペースを確保している。そして、車体中央部に「Honda FC STACK」を配置し、周囲に効率良く補器類を配置することで、同クラスのエンジンコミューターと同等の車体サイズを実現している。
 今後は更なる燃料電池システムのモジュール化による小型、軽量化を図り、エンジンコミューター同等の航続距離とユーティリティスペースの確保を目指す。

 Hondaは、かねてより化石燃料の代替、排出ガスの削減、地球温暖化への影響低減などという観点から、燃料電池を次世代のパワープラントととらえ開発を進めている。2002年12月には世界で初めて燃料電池乗用車「FCX」を日米で納車した。また2003年10月には氷点下での始動が可能な次世代型スタック「Honda FC STACK」を発表、このスタックを搭載した「FCX」の販売をアメリカでは今年後半、日本では来年より予定している。

燃料電池二輪車
燃料電池二輪車


プレスルームへプレスインフォメーションへ