プレスインフォメーションへ
2004年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2004年の目次へ

二輪製品ニュース
2004年2月20日
スポーティーな50ccスクーター「スマート・Dio Z4(ズィーフォー)」を
フルモデルチェンジして発売
−量産車世界初4ストローク50cc用電子制御燃料噴射装置搭載−


 Hondaは、燃費の向上と排出ガスのクリーン化に加え、始動性とレスポンス性に優れた世界初※1の4ストローク50cc用電子制御燃料噴射装置(Honda Programmed Fuel Injection system以下PGM-FI)を搭載した、スポーティーなスタイルの「スマート・Dio Z4」を、2月21日(土)より発売する。

 「スマート・Dio Z4」は、2002年3月に水冷4ストローク50ccエンジンを搭載し、高い環境性能はもとより、軽快な走りと低燃費を実現、スポーティーな外観デザインとあいまって、特に若者を中心に支持を得ているスクーターである。

 今回、世界初となる50cc用PGM-FIを搭載し、さらなる排出ガスのクリーン化を達成するとともに、80km/L※2の低燃費を実現。さらにエンジンには50ccスクーターで世界初の4バルブ※3を採用。低回転域から力強い加速と伸びのある走りを実現している。このPGM-FIと4バルブ化があいまって外気温や気圧などの環境の変化に関わらず、常に安定したアイドリング性能と優れたエンジン始動に加え、レスポンス性に優れた走りをも可能としている。さらに、長期放置等によるバッテリー完全放電状態からでも、キックで確実な始動を可能とするなど、日常での扱いやすさを向上している。
 デザインは、フロントからリアまでより洗練されたスポーティーでシャープなスタイリングとしている。
 足回りは、今回2ピースボトム採用の油圧式テレスコピックサスペンションを採用し、従来からのフロントディスクブレーキと、前・後輪アルミキャストホイールを組み合わせて装備することで、より軽快でスポーティーな走行感を実現している。
 車体色は、精悍な「べガブラックメタリック」と爽快感ある「パールシーシェルホワイト」の2色を設定。
 Hondaは、2007年末までに、国内向けに発売するすべてのスクーターをPGM-FI搭載車に切り替えていく予定である。
※1、※3 Honda調べ
※2 30km/h 定地走行テスト値

スマート・Dio Z4
スマート・Dio Z4

販売計画台数(国内・年間) 10,000台
メーカー希望小売価格 199,000円
(参考価格。消費税を含まず。)

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


=スマート・Dio Z4の特徴=
世界初4ストローク50cc用PGM-FIと4バルブ化
排出ガスは国内規制値に対し、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)ともに約1/2レベルのクリーン化を達成。燃費は30km/h定地走行値で約7%(80km/L)の向上。従来のキャブレター仕様と比較して、低温時や長期間放置後のエンジン始動性も大幅に向上している。また、電力供給が必要なシステムにもかかわらず、バッテリーが完全放電した場合でもキックによる始動を可能としている。

より洗練されたスポーティーなスタイリング
外観デザインは、フロントからリアまで、より洗練されたスポーティーなスタイリングとしている。フロントウインカーカバーをよりシャープな形状に変更、フロントとリアサイドには「PGM-FI」と「4-VALVES」のエンブレムを施している。大型リアスポイラーには、赤色LED(発光ダイオード)を使用したハイマウントストップランプを内蔵し、ブルーのアウターレンズを新たに採用したテールランプと、ウインカー一体型デザインのコンビランプとともに、よりシャープなリアスタイルとしている。マフラープロテクターはメッキ処理を施し、質感を高めている。

運動性能の高い足回り
フロントは、油圧式ディスクブレーキに加え、今回新たに2ピースボトム採用の油圧式テレスコピックサスペンションを装備。リアには複動式オイルダンパーにスポーティー感を演出するためにレッドのリア・サスペンションのコイルを組み合わせて採用し、前・後輪に軽量なアルミキャストホイールを装備するなど軽快でスポーティーな走行を実現している。

初心者にも安心のコンビ・ブレーキ
初心者にとって比較的使用頻度の高い左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)の操作だけで、前・後輪に適切な制動力が配分できる「コンビ・ブレーキ」を搭載。これは、Hondaが独自に開発したシステムで、初心者も車体の安定性をたもちながら効率よく停止することができる。

セキュリティーを高めた盗難抑止システム
既存の盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、強化ハンドルロックシステムの操作を1ヵ所に集約したメインキーシリンダー。メインキーシリンダーにはキーシャッターを設定している。また、Honda独自システムのセンタースタンドをロックする「ロックイン」システムを採用。直結始動防止回路やキー付きガソリンタンクキャップなどを装備している。さらにイモビアラーム※1やアラームキット※1にも対応できるなど高いセキュリティーシステムとしている。
※1 別売:ホンダアクセス製

その他の主な装備
視認性に優れたブラックのメーターパネルを採用。FIの作動インジケーターを装備。
シートは滑りにくいスポーツタイプのシート表皮を採用。
A4版のファイルやフルフェイスヘルメットなどを収容できる大容量22Lのメットインスペース。
補水不要のメンテナンスフリーバッテリーを装備。
※ Honda測定値

主要諸元

通称名 Dio Z4
車名・型式 ホンダ・BA-AF63
全長×全幅×全高(m) 1.710×0.630×1.010
軸距(m) 1.190
最低地上高(m) 0.110
シート高(m) 0.710
車両重量(kg) 81
乾燥重量(kg) 77
乗車定員(人) 1
最小回転半径(m) 1.8
エンジン型式・種類 AF63E・水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3 49
内径×行程(mm) 38.0×44.0
圧縮比 12.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 3.9[5.3]/8,000
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 4.8[0.49]/7,500
燃料消費率(km/L) 80.0(30km/h 定地走行テスト値)
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火方式 フル・トランジスタ式 バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 4.8
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.800〜0.860
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30´/72
タイヤサイズ 90/90-10 50J
90/90-10 50J
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニット・スイング式
フレーム形式 アンダーボーン

関連情報 2輪製品のページへ

FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ