プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

企業ニュース
2003年10月14日
第37回東京モーターショー Honda乗用車・二輪車展示概要について

 Hondaは、10月25日(土)より11月5日(水)まで千葉・幕張メッセで開催される「第37回東京モーターショー」(主催:社団法人日本自動車工業会)における乗用車と二輪車の展示概要について発表した。

 Hondaはグローバルブランドスローガンとして、夢の実現に向けてチャレンジを続けていく力“The Power of Dreams” を掲げている。それをもとに乗用車コーナーでは、“自由発想”“自在技術”をテーマに、Hondaが創造する人とクルマの明るく楽しい世界を紹介。また二輪車コーナーでは “Dream Wings”をテーマに、人とモーターサイクルの関係をより一層夢のあるものとし、常に新たな挑戦を続けるHondaのモーターサイクルを提案。コンセプトモデルやHondaの先進技術、環境技術の数々を判り易く展示紹介する。

GRIFFON   HSC
GRIFFON HSC

KIWAMI   PS250
KIWAMI PS250

【乗用車コーナー】 16機種 19台
 乗用車コーナーでは、既成概念にとらわれない“自由発想”と、自由な発想から生まれる革新的なコンセプトを具現化する“自在技術”をテーマとし、新型「オデッセイ」を中心に個性豊かなコンセプトカーを展示。さらにHonda独自の先進技術により、環境性能と走る楽しさを高次元で融合したパワープラントの数々や安全技術なども紹介する。

 Newオデッセイ・ASMゾーンでは、ミニバンならではの豊かな空間を確保しながら、革新的な低床プラットフォームで低重心・低全高を達成し、安定したハンドリングと高度な運動性能を両立させた新型「オデッセイ」と、先進と上質を融合したゆとりの8人乗りミニバン「ASM」を展示。
 コンセプトカーゾーンでは、極限をめざした高性能と誰もが操れる自在性を両立した、ミッドシップ新次元ピュアスポーツ「HSC」、自転車で風を切って走るような爽快感をもたらす、ハイブリッドの新次元ライトウェイトスポーツ「IMAS」、先進の燃料電池技術と日本の美意識が融合した新次元のプレミアムセダン「KIWAMI」を展示。
 先進技術ゾーンでは、世界で初めて実用化された燃料電池乗用車「FCX」をはじめ、環境性能と走る楽しさを高次元で両立したパワープラントの数々をカットモデルで展示。また、「Hondaプリクラッシュセーフティテクノロジー」など先進の安全技術も紹介。
 モータースポーツゾーンでは、F1マシンとインディカー、さらに「フィット レーシングコンセプト」を展示。また福祉車両としてシート昇降装置付きの「オデッセイ・アルマス」と「ライフ・アルマス」や簡単なレバー操作で運転できる電動四輪車「モンパル」も展示する。

【二輪車コーナー】 40機種 51台
 二輪車コーナーでは、夢の翼を大きく広げ、より多くの人達とともに夢を共有し、それを現実のものとしたいという願いから“Dream Wings”をテーマとした4つのステージを設定している。この4つのステージでは、Hondaらしい夢や挑戦、先進創造を表現している。

 メインステージでは、モーターサイクルとスクーターを融合させた革新的なスタイルと先進技術を搭載したコンセプトモデルの「GRIFFON(グリフォン)」をはじめ、「CBR1000RR」や「CB750」などの市販予定車、海外モデルの参考展示車「VALKYRIE RUNE(ワルキューレ・ルーン)」などを展示し、自己主張と存在感を表現している。
 センターステージでは、(株)本田技術研究所 朝霞研究所の若手開発者で組織している「Nプロジェクト」開発第5弾のコンセプトモデル「PS250」などを展示。
 ホンダレーシングステージでは、MotoGPで活躍するチャンピオンマシン「RC211V」をはじめ、ダウンヒルレーサー「RN01」など、Hondaのチャレンジングスピリットと先進技術を結晶させた各カテゴリーのレースマシンを展示。
 安全・環境・セキュリティーコーナーでは、Hondaの安全技術、環境技術、セキュリティー技術を紹介。安全技術では、国土交通省が提唱する次世代の先進安全自動車開発プロジェクトであるASV(Advanced Safety Vehicle)に基づき開発した、ASV体験ライディングシミュレーターで二輪車運転を模擬体験できる。
 環境技術では、Hondaが4ストローク50ccエンジン用に新たに開発したPGM-FI (Programmed Fuel Injection=電子制御燃料噴射装置)を搭載した市販予定車「Dio Z4 FI」を展示する。
 セキュリティー技術は、新たに開発したカード式スマートキーなど、利便性と盗難抑止を両立させた技術を紹介する。

出展車両一覧(●は参考出品車、○は市販車)
【乗用車コーナー】
ワールドプレミア ワールドプレミア4機種<★>
Newオデッセイ・ASMゾーン 新型オデッセイ
ASM<★>
コンセプトカーゾーン HSC<★>
IMAS<★>
KIWAMI<★>
先進技術ゾーン インスパイア
ライフ
モータースポーツゾーン F1
インディカー
フィット レーシングコンセプト
S2000
福祉車両 オデッセイ・アルマス
ライフ・アルマス
市販車 ステップワゴン
ストリーム
アコードワゴン

【二輪車コーナー】
ワールドプレミア ワールドプレミア6機種<★> ジャパンプレミア ジャパンプレミア4機種<☆>
メインステージ GRIFFON(グリフォン)<★> ●CBR1000RR<☆>
SHADOW750(シャドウ750)<☆> ●CB750
VTX1800S<☆>
VALKYRIE RUNE(ワルキューレ・ルーン)<☆>
GL1800 ゴールドウイング USパッケージ
CB400 Super Four HYPER VTEC SPECIII<★>
CB1300 Super Four Type-R ●CB400SS 他
センターステージ PS250<★> 
ホンダレーシング
ステージ
RC211V ●VTR1000SPW ●RN01 他
安全・環境・
セキュリティーコーナー
Dio Z4 FI<★> ●ライディングトレーナー<★>
WAVE 125 FI ●ASVライディングシミュレーター 他
市販車 VTX  ○シルバーウイング<600>ABS用品装着車
XR250 ○XR250モタード ○VTR
スペイシー100 ○SOLO ○TODAY
FUSION Type X オーディオシステム装着車<★> 

関連情報 FACT BOOK(4輪)のページへ

FACT BOOK(2輪)のページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ