プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

Hondaの情報
2003年5月21日
高齢者の交通行動理解のためのドライバー向け小冊子
「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」を作成、ユーザーに配布


<ご参考>
Hondaは、高齢者の交通行動理解のためのドライバー向け小冊子「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」を作成し、Honda四輪販売店を通じて配布する。Hondaは2001年6月に障害理解の為の「トラフィック・バリアフリー」、2002年7月に交通弱者(子ども)理解の為の「トラフィック・パートナー」を発行しており、「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」は、3冊目の小冊子となる。

高齢化社会が進む中、生き生きと活動的に行動する高齢者も多い一方、2002年の場合、高齢者(65歳以上)の交通事故死者数(3,144人)における、47.7%(1,500人)は歩行中に起きている。
車対歩行者の事故では、高齢者の事故防止が大切な課題となる。
小冊子「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」は、街で高齢者が交通場面でどのような行動をとっているのかを紹介し、ドライバーをはじめ周囲の方々に理解してもらうことを目的としている。高齢者の行動特性を理解することで高齢者を交通事故から守り、交通社会に参加するすべての人々(パートナー)にとって、安全かつ快適な交通社会の実現を目指した啓発小冊子である。

Hondaの四輪販売店では、セーフティコーディネーター(Hondaの交通教育センターで専門の研修を受け、安全運転アドバイスや情報を提供できる営業スタッフやサービススタッフ)を通じて小冊子「トラフィック・シニア」をお客様に配布するなど、Hondaのネットワークを活用し、この小冊子を広く普及させる予定。
なお、この小冊子制作にあたっては、交通社会学の専門家である自由学園最高学部長の鈴木春男氏に監修をいただいた。

<小冊子「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」の主な内容>
高齢歩行者の交通行動 「意識と行動のズレ」
高齢歩行者の歩き方 「加齢と身体機能の変化」
横断歩道の高齢歩行者 「横断歩道上でのトラブルあれこれ」
高齢者の視認性 「夜でも行動的な高齢歩行者」
高齢ドライバーの交通行動 「増える高齢ドライバー、増える事故」

Hondaは、より良い交通社会の実現に向け、交通社会に参加するすべての人々(パートナー)に対しての安全啓発活動に継続的に取り組んでいく。

「トラフィック・シニア(街行く高齢者たち)」の問い合わせ先
Honda 安全運転普及本部 TEL 03-5412-1575 FAX 03-3423-0511

小冊子「トラフィック・シニア」
小冊子「トラフィック・シニア」


プレスルームへプレスインフォメーションへ