プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

二輪製品ニュース
2003年12月19日
400ccネイキッドロードスポーツバイク「CB400 SUPER FOUR」に
HYPER VTEC SPECIII エンジンを搭載し発売


 Hondaは、低・中回転域から高回転域までスムーズで力強い出力特性を発揮する、水冷・4ストローク・DOHC・直列・4気筒・400ccエンジンに設定変更を施したHYPER VTEC SPECIIIエンジンを搭載し、スポーティさと扱い易さを兼ね備えたネイキッドロードスポーツバイク「CB400 SUPER FOUR」12月25日(木)より発売する。

 CB400 SUPER FOURは1992年に発売を開始し、1999年には「HYPER VTEC」※1エンジンを搭載。2002年、このエンジンを進化させた「HYPER VTEC SPECII」を搭載するなど、幅広い層に支持されながら、進化させたモデルである。
 今回のモデルは、「エキサイティングCB感動の400」を開発コンセプトとし、より進化させた「HYPER VTEC SPECIII」エンジンを搭載。バルブの可変タイミングなどの設定変更を施し、扱い易さの向上を図っている。
 エンジンは、6速のバルブ可変タイミングを変更することで、高回転域までスムーズで扱い易い出力特性を実現させながら、6速専用の独立した点火時期マップを附加することで、リニアで滑らかな加速を実現している。
 また排気系では、エキゾーストパイプの集合部の吸音材を増量させるなど、優れた静粛性を実現している。 さらに、シート高を5mm下げるとともに、左・右のサイドカバー部でそれぞれ約10mmの幅を狭め、ライダーの足つき性を向上させている。また、二人乗りでの使い勝手をより向上させるために、アルミダイキャスト製グラブレールの標準装備や、前モデルより採用し好評のHonda独自の盗難抑止機構(H・I・S・S※2)を標準装備している。
 カラーリングは、ストライプタイプに鮮やかなキャンディタヒチアンブルーと高級感溢れる新色のデジタルシルバーメタリックの2色、ソリッドタイプに精悍なパールプリズムブラックの計3色を設定。さらに、組合せが自由に選択できるカラーオーダープランで21パターンを設定し、全24通りの組合せから選択を可能としている。
※1 「HYPER VTEC」は、Honda独自の油圧制御によるVTEC技術をベースとし、設定した回転数になると1気筒あたりの作動バルブ数を切り換えるバルブ制御システム。
※2 H・I・S・S…Honda Ignition Security System

CB400 SUPER FOUR
CB400 SUPER FOUR

販売計画台数(国内・年間) 6,000台
メーカー希望小売価格 スタンダードプラン 629,000円
カラーオーダープラン 649,000円
(地域希望小売価格:沖縄、その他一部地域を除く。)(参考価格。消費税を含まず。)

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。

=CB400 SUPER FOURの主な特徴=

さらなる乗り心地の向上を図った「HYPER VTEC SPECIIIエンジン」
 エンジンは、Honda独自の「HYPER VTECII」エンジンを進化させた、水冷・4ストローク・DOHC・直列・4気筒・400cc HYPER VTEC SPECIIIエンジンを搭載。点火時期マップを1速から5速までのマップと6速だけのマップに分け、バルブの切り換えタイミングは、6速のみ回転数を6,750回転に設定(1速から5速は6,300回転)している。また「HYPER VTEC SPECIII」では最新のECUを使用。このECUが、エンジンの回転数と車速から使用ギアを判断し、適切な点火時期マップとバルブの切り替えを実現している。

力強い排気音の実現
 「HYPER VTEC SPECIII」では、国内第三次騒音規制に適合させるとともに、雑音として聞こえてくる高周波領域の音圧を抑え、排気音の低周波領域の音圧を強調することで、力強い排気音を実現している。

ライダーや同乗者の快適性向上にも配慮
 幅広いライダーの扱い易さを目的として、シート高を5mm下げ、シート形状やサイドカバー形状をスリム化するなど、ライダーの足付き性を向上させている。またシート表皮は、高級モデルと同様に真空一体成型することで、スポンジとの密着度が向上し、美しいシート形状を実現している。また同乗者のシート部分を前方に13mm拡大するとともに、アルミダイキャスト製グラブレールを標準装備するなど、同乗者の使い勝手や快適性にも配慮している。

シャープで躍動感ある外観デザイン
 スタイリングは、CB400 SUPER FOURの伝統的なデザインを継承しつつ、よりシャープで躍動感のあるものとしている。燃料タンクにHondaのウイングマークを大胆にレイアウトすることで、よりシャープなイメージに変更している(ストライプタイプのみ)。また、テールカウルは空力特性にも効果的な、シャープな形状に変更。新たに採用した耐久性、後方被視認性に優れたLEDテールランプや小型ウインカーとあいまって、鋭い走りをイメージさせている。

カラーオーダープランの採用で、全24通りの組合せから選択が可能
 カラーリングは、スタンダードプランとして、キャンディタヒチアンブルーとデジタルシルバーメタリックの2色をストライプタイプとし、ソリッドタイプはパールプリズムブラックとすることで、合計3色のカラーリングを設定している。さらに、カラーオーダープランには21パターンを設定し、ボディーカラー6色とホイールカラー2色の組合せに、ストライプタイプまたはソリッドタイプの選択が可能な合計24通りの組合せとしている。

その他の装備
・ヘッドライトに、視認性に優れた見た目に美しいマルチリフレクターを採用。


主要諸元

通称名 CB400 SUPER FOUR
車名・型式 ホンダ・BC-NC39
全長×全幅×全高(m) 2.040×0.725×1.070
軸距(m) 1.410
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.755
車両重量(kg) 190
乾燥重量(kg) 170
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.6
エンジン型式 NC23E(水冷・4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒)
総排気量(cm3 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比 11.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 39[53.0]/11,000
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 38[3.9]/9,500
燃料消費率(km/L) 37.0(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 VP04B
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式 バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 3.8
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式 湿式多板コイル・スプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.307
2 速 2.294
3 速 1.750
4 速 1.421
5 速 1.240
6 速 1.130
減速比(1次/2次) 2.171/2.933
キャスター(度)/トレール(mm) 25°5´/90
タイヤサイズ 120/60ZR17M/C(55W)<ラジアル>
160/60ZR17M/C(69W)<ラジアル>
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

関連情報 2輪製品のページへ

FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ