プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

その他のニュース
2003年2月3日
ダウンヒル競技専用 マウンテンバイクを開発
2003年ジャパンシリーズ戦に参戦


 Hondaは、モビリティーの夢をさらに広げるため自転車レースのダウンヒル競技専用マウンテンバイク「RN01(アール・エヌ・ゼロ・ワン)」※1を開発し、実戦を通じてさらなる技術蓄積、性能向上を目的とし、2003年のジャパンシリーズ(全戦)およびワールドカップ(スポット参戦)に参戦することを決定した。

 マシン開発及びチーム運営は、研究開発の一環としてHondaの二輪研究開発部門である、株式会社本田技術研究所 朝霞研究所が担当する。
2003年シーズンは、「Team G Cross Honda」※2の名称で参戦を行う。ライダーには、2002年ワールドランキング68位、ジャパンシリーズランキング5位の井手川直樹(いでがわなおき)選手を起用する。

 「RN01」の主な特長は、フレーム強度の徹底解析により、ねじれに対して応力が集中しやすい部分の強化を図るとともに、サスペンションをカヤバ工業株式会社と、ブレーキを曙ブレーキ工業株式会社と共同開発し、高い制動力、コントロール性、軽量化を実現。
さらに、変速装置(トランスミッション)は、フレームマウントとしバネ下荷重の軽減を図るなどの技術開発にチャレンジしている。

 ダウンヒルレースは、雪のないスキー場などの下り坂をコースとし、時速70km〜80kmでタイムを競う自転車レースで、年間を通してワールドカップ7戦、世界選手権1戦、ジャパンシリーズ6戦、全日本選手権1戦、アジア選手権1戦が開催されている。
 過酷なコース設定のため、高剛性かつ、耐久性の高いマシン造りが要求されており、Hondaのモトクロスマシン開発などで培った技術を応用することにより競争力を高めていく。

ネーミングの由来
※1 マシン「RN01」:RacingとNature force (自然の力)をかけ合わせた1号機という意。
※2 チーム名の「G Cross」:Gravity(重力)とMotoCrossをかけ合わせた造語。

RN01
RN01

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


ライダープロフィール
井手川 直樹(Naoki Idegawa)
生年月日:1980年4月22日
出身地:広島県
身長:172cm
体重:71kg
血液型:A型
趣味:ドライブ、スノーボード
主な戦績:
1996年度全日本選手権 優勝
1997年度アジア選手権 3位
2000年度全日本選手権 3位
2001年度海外のチームに所属し
ワールドカップを中心に転戦を開始
2002年度ワールドランキング68位、
ジャパンシリーズランキング5位
井手川 直樹選手


プレスルームへプレスインフォメーションへ