プレスインフォメーションへ
2002年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2002年の目次へ

企業ニュース
2002年3月1日
燃料電池車「FCX−V4」国土交通省 大臣認定を取得

 Hondaは、350気圧高圧水素タンク採用の燃料電池車「FCX-V4」が国土交通省大臣認定を取得したと発表した。

 Hondaは、天然ガス自動車の開発等を通じて蓄積した高圧タンク技術により、「FCX-V4」では350気圧の高圧水素タンクを採用、航続距離を315kmと大幅に向上している。350気圧水素タンク採用の燃料電池車が国土交通省大臣認定を取得し、公道走行テストを開始するのは日本初である。

 2001年7月に「FCX-V3」の公道走行テストを開始しているが、今回の「FCX-V4」は最高速や加速性能、衝突安全対応などを向上させ、より市販モデルの性能に近づけたものである。

 Hondaは、米国での燃料電池車公道走行テストプロジェクト、カリフォルニアフューエルセルパートナーシップ(以下CaFCP)において「FCX-V4」を使った公道テストを行っており、今回の日本における公道走行テストでの検証とあわせて、実使用条件下での走行データの蓄積を行なっていく。

燃料電池車 FCX-V4
燃料電池車 FCX-V4


<FCX-V4 システム概念図>
FCX-V4 システム概念図


<FCX-V4 国土交通省大臣認定取得車両 主要諸元>
乗員定員 4名
最高速 140km/h
モーター 最大出力 60kW (82PS)
最大駆動トルク 238Nm
種類 交流同期電動機
燃料電池スタック 形式 PEFC(固体高分子膜型)(バラード製)
出力 78kW
燃料 種類 圧縮水素ガス
貯蔵方式 高圧水素タンク(350気圧)
容量 137L
航続距離 315km


プレスルームへプレスインフォメーションへ