プレスインフォメーションへ
2002年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2002年の目次へ

四輪製品ニュース
2002年11月29日
新型スモールセダン「フィット アリア」を新発売

 Hondaは、コンパクトなボディでありながら、500L※1の大容量トランクルームと多彩なシートアレンジを実現し、セダンの常識を超える圧倒的な居住空間、i-DSIエンジンによる機敏な走りと20.5km/L※2という高い燃費性能をもつ、1.3L、1.5L先進スモールセダン「フィット アリア」を、12月20日より全国のHonda四輪全ディーラーから発売する。

 「フィット アリア」は、好評のフィット、モビリオ、モビリオ スパイクに続くHonda「SMALL MAXシリーズ」の第4弾。スモールセダンの常識を打ち破り、様々な生活シーンにおけるセダンの利用価値を飛躍的に高める、「先進スモールセダン」をコンセプトに開発された。

<フィット アリア開発のテーマ>
デザイン=シャープで先進的なエクステリアと、スモールセダンのイメージを超える上質インテリア
スペース&ユーティリティ=ゆとりの室内空間と、セダンの常識を超えた圧倒的なユーティリティ
ダイナミクス=高い燃費性能と、しなやかで安定感のある走行性能


 これらのテーマを具現化するため、センタータンクレイアウト※3採用のグローバル・スモールプラットフォームを用い、コンパクトボディでありながら低床で広い室内空間と圧倒的なユーティリティを、ショートノーズ、フォワード・ビッグキャビンの先進スタイリングで包み込み、先進スモールセダンとして完成させた。

 また、1.3Lと1.5L 2種類のi-DSIエンジンとホンダマルチマチックS+7スピードモード※4により、スムーズで機敏な走りとともに、20.5km/L※5(1.3A)、20.0km/L※5(1.5W)というクラストップレベル※6の燃費性能も実現。全タイプ国土交通省「優−低排出ガス」認定の取得、ならびに平成22年燃費基準にも適合するなど、高い環境性能も確保している。さらにHonda独自のGコントロール技術による優れた衝突安全性能も実現している。
  ※1   VDA方式によるHonda測定値
※2   1.3A FF車/10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※3   燃料タンクを1列目シート下へ配置するレイアウト
※4   7スピードモードは、1.5Wに設定
※5   FF車/10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※6   1.3L、1.5L4ドアセダンクラス(ガソリン車)

フィット アリア 1.5W
フィット アリア 1.5W

販売計画台数(国内・月間) 2,000台

全国メーカー希望小売価格(消費税含まず、単位:千円) ◎印は写真掲載タイプ
タイプ エンジン トランスミッション 駆動 価格  
1.5W 1.5L i-DSI ホンダマルチマチックS/
7スピードモード付
FF 1,398
4WD 1,593  
1.3A 1.3L i-DSI ホンダマルチマチックS FF 1,198  
4WD 1,393  

主なメーカーオプション
Lパッケージ(ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム)、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー、 ルーフセンターアンテナ、グリーンプライバシーガラス(リアドア/リアウインドウ)(1.3Aに設定) 80千円

ボディカラー(新色1色を含め、全5色を用意)
グレイシャスベージュ・メタリック(新色)、サテンシルバー・メタリック、アイスブルー・メタリック、タフタホワイト、エターナルブルー・パール

「フィット アリア」の主な特長
 
<エクステリア>
“フォワード・ビッグキャビン”をテーマに、グローバル・スモールプラットフォームの持つショートノーズ&ビッグキャビンというメリットを生かし、スモールセダンの先進フォルムを追求。斬新さと力強さを美しく調和させたスタイリッシュなフォルムを実現。
ボディカラーは新色のグレイシャスベージュ・メタリックを含め全5色を用意。

<インテリア>
“モダン・コンフォート”をテーマに、アルミ調リング付き独立3眼メーターやオーディオ一体のメタリック調センターパネルなどにより先進感を演出すると共に、ベージュの濃淡による2トーンの内装色で室内を明るく上質な空間に仕上げている。
1.3Aはメタリック調のパネル類でモダンなイメージに、また1.5Wは木目調のパネル類で上質感を演出することにより、それぞれのタイプの個性をきわだたせている。

<パッケージング>
燃料タンクをフロントシート下に配置したセンタータンクレイアウトにより、後席からトランクまでの使いやすさを向上。充分なレッグスペースの確保と余裕の室内高により快適な居住空間を実現。
リアシートのダイブダウン機構/チップアップ機構により、今までのセダンでは考えられなかったさまざまな形状、大きさの荷物も簡単に積みこむことを可能にしたULTR(ウルトラ)ルーム。

Utility Mode 6:4分割可倒式リアシートのダイブダウン機構により、トランクルームをさらに大きく使える、広くてフラットな空間に早変わり。
Long Mode Utility Modeに加え、助手席をフルリクライニングすることで、長尺物が積める長さ2,710mm※7の空間を創出。
Tall Mode リアシート座面をチップアップさせることで、高さ1,245mm※7(有効室内高)のもう一つのラゲッジスペースを創出。観葉植物など背の高いものが積載可能。
Roomy Trunk センタータンクレイアウトによる500L※8の大容量トランクルーム。
  ※7   Honda測定値
※8   VDA方式によるHonda測定値

<走行性能>
スモールセダンならではのスムーズで軽快な走りと低燃費を実現する1.3Lと1.5L 2種類のi-DSIエンジンを搭載。低・中速域の力強いトルク特性により、ストレスのないスムーズな走りを実現するとともに、ホンダマルチマチックS(無段変速AT)との組み合わせにより、20.5km/L※9(1.3A)、20.0km/L※9(1.5W)という低燃費を達成。また全タイプ「優−低排出ガス」認定を取得するなど高い環境性能も実現。
ドライバーの走行感覚にマッチしたスムーズな走りと低燃費をもたらすHondaの新世代CVT(無段変速オートマチックトランスミッション)、ホンダマルチマチックSを全タイプに搭載。さらに走りの楽しさを創造する7スピードモードを1.5Wに設定。CVT、7速オートシフトモード、7速マニュアルシフトモードと3つの走行モードを楽しめる。
サスペンションは基本部分をフィットと共有しながらも、スプリングレート、ダンパー減衰力などを専用に最適チューニング。しなやかな乗り心地としっかりとした操縦安定性を両立。
EPS(電動パワーステアリング)システムを専用にチューニング。低速から高速域まで自然でしっかりとした操舵フィーリングを実現。
エンジン本体の振動・騒音を低減するとともに、ボディパネルの剛性を向上。また軽量・高効率な最新の防音材を施工することで、高い静粛性を実現。
軽量・コンパクトなリアルタイム4WDも全タイプに設定。
  ※9   FF車/10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)

<安全性能>
Honda独自のGコントロール技術に基づく、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/hに対応する新・衝突安全設計ボディを実現。側面55km/h、後面50km/hの衝突にも対応している。
さらにリアルワールドでの事故実態を見つめ、Honda独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験※10を実施。従来の固定バリアに比べて、厳しい対応が要求される衝突実験においても目標値をクリアする優れた安全性能を確保している。
歩行者衝突時の傷害軽減をめざした、歩行者傷害軽減ボディの対策部位を、頭部に加え脚部まで拡大。
乗員頭部衝撃保護インテリアに加え、頚部衝撃緩和フロントシートを採用、衝突時の乗員頭部・頚部の衝撃を緩和。
運転席用&助手席用SRSエアバッグシステムを全タイプに標準装備。
ISO-FIX対応チャイルドシート固定専用バー(リア左右席)を全タイプに標準装備。
  ※10   相手重量2トンクラスまでの乗用車、双方の衝突速度50km/h、50%前面オフセットの衝突実験

<環境性能>
排出ガス中の大気汚染物質(HC、NOx)を大幅に低減。平成12年排出ガス規制値の50%以下に抑える高い環境性能を実現し、全タイプ国土交通省「優−低排出ガス」認定を取得。
高効率な燃焼技術により、1.3Aで20.5km/L※11 、1.5Wで20.0km/L※11という低燃費を実現。全タイプ、平成22年燃費基準に適合。
内外装部品の多くにリサイクル性に優れたオレフィン系樹脂素材を使用。クルマ全体で90%※12以上のリサイクル可能率を達成。
鉛の使用量を大幅に削減。1996年レベルの1/3以下を達成。
  ※11   FF車/10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
  ※12   Honda独自の算出基準による

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

関連情報 4輪製品のページへ

FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ