News From HONDAトップへ
2002年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2002年の目次へ

二輪製品ニュース
2002年1月30日
好評のネイキッドロードスポーツバイク「CB400 SUPER FOUR」を
マイナーモデルチェンジし発売


 Hondaは、低・中速域から高速域までスムーズで力強い出力特性を発揮する、水冷・4ストローク・DOHC・直列・4気筒・399cm3HYPER VTEC SPECIIエンジンを搭載した、ネイキッドロードスポーツバイク「CB400 SUPER FOUR」を1月31日(木)より発売する。

 CB400 SUPER FOURは、1992年に初代モデルを発売開始以来、初心者から上級者まで幅広いユーザーに好評を得ているモデルである。今回のモデルでは、1999年に搭載した革新的なバルブ制御機構HYPER VTECを、より幅広いユーザーに体感できるよう熟成させたHYPER VTEC SPECIIを採用している。また約130点のパーツを見直し、さらに操縦安定性や制動性能の向上を図るとともに、400ccクラスでは初めてH・I・S・S(Honda イグニション セキュリティ システム)を搭載し、盗難抑止にも配慮したモデルとなっている。スタイリングは、従来モデルのスタイリングコンセプトを継承。タンクのストライプを変更し、ウィングマークをあしらうことで、よりシャープなイメージとしている。カラーリングはストライプの入ったタイプに2色とソリッドタイプに2色の計4色を標準カラーとして設定。また、カラーオーダープランは、合計18パターンの豊富なバリエーションで、ユーザーの多用な好みに応えられるものとしている。

CB400 SUPER FOUR
CB400 SUPER FOUR

販売計画台数(国内・年間) 5,000台
メーカー希望小売価格 スタンダードタイプ 629,000円
カラーオーダープラン 649,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は17,000円高、沖縄は9,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

=CB400 SUPER FOURの主な特徴=

中速域でのパワー特性の向上を図ったHYPER VTEC SPECIIエンジンを搭載
   エンジンは、水冷・4ストローク・DOHC・直列・4気筒・399cm3エンジンにHonda独自のHYPER VTECを進化させたHYPER VTEC SPECIIを採用。バルブタイミング、排気系諸元、キャブレターセッティング、点火時期に変更を施し、特に中速域でのパワー特性を向上している。また2バルブから4バルブへの切り替えタイミングを従来の6,750回転から6,300回転へ変更。初心者でもさらに力強い4バルブ領域を体感しやすいものとしている。

2バルブから4バルブへの切替えの音圧変化を体感できる吸排気システム採用
   吸排気システムには、歯切れの良い吸排気音を実現するため、エアークリーナーケースの面剛性を向上や、排気系の見直しにより、ライダーの耳位置での音圧を抑えている。また雑音として聞こえる高周波領域の音圧を抑え、吸排気音の低周波領域の音圧を増加させている。2バルブから4バルブへの切り替わり時の音圧変化と心地よい排気サウンドを体感しやすくしている。

Honda独自の盗難抑止機構H・I・S・Sを400ccクラスとして初めて採用
   盗難抑止機構としてCBR1100XXやCBR600F4i等の大型二輪車で採用しているHonda独自の盗難抑止機構「H・I・S・S」を400ccクラスで初めて採用。「H・I・S・S」は純正キー以外でのエンジン始動を不可能にするとともに、ボタン操作により24時間インジケーターランプを点滅させることで、盗難抑止効果を向上している。
また、セコム(株)と連携し展開する車両の位置検索サービスシステム「ココセコム」に対応し、ユニットや車載型充電器を取り付けるスペースを確保し、「ココセコムHonda推奨車種」としている。

二眼タイプの電気式スピード&タコメーターを一新し、視認性と機能性を向上
   メーターまわりの構成はシンプルな二眼タイプの電気式スピードメーターとタコメーターを採用。視認性と機能性を考慮した上で、デザインを一新している。両メーターのパネル内には視認性に優れた多機能液晶ディスプレイを1つずつ採用。左のスピードメーター内には、ツイントリップメーターとオドメーター、右のタコメーター内には時計と燃料計(残量警告機能付)を配している。

選択幅が広がる18パターンのカラーオーダープランを採用
   カラーリングはソリッドタイプにパールプリズムブラックとパールフェイドレスホワイト、ストライプタイプにはキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックを標準で設定。また豊富な18パターンのカラーバリエーション(内2パターンは標準色として設定)から、好みに応じて選択出来るカラーオーダープランを採用している。

その他の装備
  フロントサスペンションにチッピングガードを採用。
メインスイッチをオンにするとスピードメーターとタコメーターの針がいったん上昇する作動確認機能を搭載。
表面にアルマイト処理を施したラジエーターサイドカバーを採用。


主要諸元

通称名 CB400 SUPER FOUR
車名・型式 ホンダ・BC-NC39
全長×全幅×全高(m) 2.050×0.725×1.070
軸距(m) 1.410
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.760
車両重量(kg) 189
乾燥重量(kg) 169
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.6
エンジン型式 NC23E(水冷・4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒)
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比 11.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 39[53.0]/11,000
最大トルク(N・m/rpm) 38/9,500
燃料消費率(km/L) 37.0(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 VP04B
始動方式 セルフ式
点火方式 フル・トランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 3.8
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式 湿式多板コイル・スプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.307
2 速 2.294
3 速 1.750
4 速 1.421
5 速 1.240
6 速 1.130
減速比(1次/2次) 2.171/3.000
キャスター(度)/トレール(mm) 25°15´/89
タイヤサイズ 120/60ZR17(55W)<ラジアル>
120/60ZR17M/C(55W)<ラジアル>
160/60ZR17(69W)<ラジアル>
160/60ZR17M/C(69W)<ラジアル>
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

関連情報 2輪製品のページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ